So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

M2020-745問題集、M2020-745出題項目、 M2020-745試験情報、M2020-745学習材料、M2020-745試験問題 [IBM]

TestpassportのIBM Software Sales Mastery M2020-745問題集は非常に人気があり、あなたが完全に概念の背後に質問や問題について理解しておく必要があります。
弊社のIBM Software Sales Mastery M2020-745参考書の命中率がからり高くになり、試験内容を覆い、カバー率が97%以上に達することを保証します。
実際のIBM Software Sales Mastery M2020-745試験問題と殆ど同じで、最高のトレーニング資料とみなすことができます。
弊社のIBM Software Sales Mastery M2020-745学習材料は最も徹底的で、最も正確で、かつアップ·ツー·デートなものです。

M2020-745試験情報:

試験名称:IBM Cloudant Sales Mastery Test v1
質問数:31
回答時間:60分
合格に必要な正答率:77%

高品質のIBM Software Sales Mastery M2020-745勉強資料を提供する最高のウェブサイトです。
当社のIBM Software Sales Mastery M2020-745問題集を使用すると、あなたは試験中の心理的な緊張を解消し、貴重な時間を節約するために、高速かつ効率的にサービスを提供するために全力を行っている達することができるようにします。
このような受験生はIBM Software Sales Mastery M2020-745認定試験で高い点数を取得して、自分の構成ファイルは市場の需要と互換性があるように充分な準備をするのは必要です。

IBM Software Sales Mastery M2020-745出題項目:

セクション 1 - IBM Cloudant (100%)

重要:試験に合格後、所属会社の PartnerWorld プロファイルに 受験者 ID を追加してください。
ピアソンVUE社WEBサイトで24時間いつでもWeb受験可能です。

弊社のIBM Software Sales Mastery M2020-745問題集が本当に人々に恩恵をもたらすことができて、速く自分の夢を実現することにヘルプを差し上げられます。
弊社のIBM Software Sales Mastery M2020-745勉強資料を選んだら、あなたがもっと充分の時間でM2020-745試験に準備できるように、一年間の無料更新サービスを提供します。
弊社のM2020-745試験問題と解答はあなたが必要とした一切の試験トレーニング資料を準備して差し上げます。

1.Cloudant's replication can be effectively applied to which customer use cases?
A. A data delivery networking requiring continuous replication to geographically dispersed clusters
B. Client offline access for mobile devices or web browsers
C. Hot backups for continuous replication to another cluster
D. Cold backups for periodic point-in-time replications to another cluster
E. Avoidance of vendor lock-in {e. g. replication to a local CouchDB instance)
Answer: A

2.Which statement about Cloudant's Gold Support service is incorrect?
A. Gold support provides customers with Cloudant-managed cluster resizing on demand.
B. Gold support is available for no charge under the Enterprise (dedicated) Single-tenant Cluster service
tier.
C. Gold support provides customers with Cloudant-managed code deployment, optimizations, and
systems monitoring.
D. Gold support is available for no charge under both Multi-tenant Cluster and Enterprise (dedicated)
Single-tenant Cluster service tiers.
E. None of the above.
Answer: B

3.Cloudant is best leveraged as an operational data store. It should not be applied as a Big Data analytics
warehouse solution.
A. True.
B. False.
Answer: B





nice!(1)  コメント(0) 

JN0-661勉強資料、JN0-661学習教材、JN0-661練習問題、JN0-661問題集 [Juniper]

TestpassportのJuniper JNCIP-SP JN0-661勉強資料を購入した場合は、常に新しく、より正確なテスト情報を取得することができます。
弊社のJuniper JNCIP-SP JN0-661問題集はあなたがJN0-661によってあなたの夢の楽園のステップにできるようになります。
提供したJuniper JNCIP-SP JN0-661認定試験の学習ガイドをダウンロードできます。
弊社のJuniper JNCIP-SP JN0-661練習問題は実際の試験で95%の類似性を有する高品質を持っています。
弊社のJuniper JNCIP-SP JN0-661学習教材を選んだら、受験者はもっと充分の時間で試験に準備できるように、一年間の無料更新サービスを提供します。
弊社のJuniper JNCIP-SP JN0-661勉強資料を使えば、受験者は専門知識と技能が含まれることができます。

試験コード:JN0-661
筆記試験:ジュニパーネットワークス認定インターネット プロフェッショナル(JNCIP-SP)
世界各地のピアソン VUE テスト センターで実施
試験の所要時間:120 分
試験形式:選択問題 65 問
合格/不合格ステータスは即時発表
前提となる認定資格:JNCIS-SP
Junos ソフトウェア リリース:15.1

Juniper JNCIP-SP JN0-661筆記試験は、ジュニパーネットワークス Junos OS に関する上級の知識を持つ、実務経験のあるネットワーク プロフェッショナル向けに設計されており、高度なルーティング技術とそれに関連するプラットフォーム構成の知識、トラブルシューティング スキルを受験者が身に付けていることを確認するものです。

弊社のJuniper JNCIP-SP JN0-661勉強資料は利用したそれぞれの人を順調に試験に合格させます。
適切なJuniper JNCIP-SP JN0-661トレーニングツールを選択し、試験に合格するために非常に必要であるのを助けることができるようになります。
弊社のJuniper JNCIP-SP JN0-661勉強材料を選択すると、あなたが望むものを選択することです。

Juniper JNCIP-SP JN0-661出題内容の詳細は以下のとおりです。

OSPF
IS-IS
BGP
サービス クラス(CoS)
IP マルチキャスト
MPLS
レイヤー 3 VPN
レイヤー 2 VPN

弊社のJuniper JNCIP-SP JN0-661勉強資料が審査し、あなたが知る必要がある答えのすべてのコンテンツをカバーしています。
弊社のJuniper JNCIP-SP JN0-661勉強資料を使用することにコミットして、最初の試行で試験に合格することを保証することができます。
弊社のJuniper JNCIP-SP JN0-661練習問題集を選択すると、あなたの雇用の見通しを高めることができます。
JN0-661質問と回答を使用するようにカバレッジは限り、100%合格率に達することができる、初めて合格保証します。

1.Which command will match communities 101:111,111:1, and 999:1111? A. set policy-options commmity COMMUNITY members "^...:1?" B. set policy-options community COMMUNITY members "^1.*:1+" C. set policy-options community COMMUNrTY members ["^1.1:1?" 999:1111] D. set policy-options community COMMUNITY members "^...:1+" Answer: D

2.A layer 2 circuit (RFC 4447) is established between two PE routers to provide connectivity between two customer sites. Which two statements related to this deployment are true? A. Kompella encapsulation is used in the data plane communications. B. LDP must be used for the control plane communications C. BGP must be used for the control plane communications. D. Martini encapsulation is used in the data plane communications. Answer: B, D

3.Which statements are true about NG MVPNs? (Choose two.) A.NG MVPN membership is signaled between PEs using PIM? B.Every NG MVPN PE router builds a selective provider multicast service interface tunnel to every other router in the same NG MVPN C.NG MVPN membership is signaled between PEs using MP-BGP. D.Customer multicast traffic can be transported over the provider network using point-to-multipoint MPLS LSPs. Answer: B, D

4.A service provider wants to start using all of their LSPs for internal traffic and not just their MPLS VPNs. Any solution must ensure that existing VPNs and routing policies will continue to function properly.Which MPLS traffic engineering parameter would accomplish this task? A. bgp B. bgp-igp-both-ribs C. bgp-igp D. mpls-forwarding Answer: B

5.Your customer requires a Layer 2 VPN service (draft-kompella-mpls-l2vpn). You are asked to describe the operational requirements on the PE router supporting this service.Which two statements are true in this scenario? (Choose two.) A.The ingress PE router associates multiple MPLS labels with the corresponding traffic flows. B.The ingress PE router for a traffic flow maintains the data-link connection identifier C.The ingress PE router for a traffic flow removes the data-link connection identifier. D.The ingress PE router associates a single MPLS label with the corresponding traffic flows. Answer: A, C

6.During a network migration window, an engineer issues the set protocols ISIS overload timeout 1200 command. In this scenario, which effect does this have on the IS-IS operations of the router? A. After the first IS-IS adjacency forms, the overload bit is set for 1200 seconds B. When the IS-IS protocol starts, the overload bit is set after the timer of 1200 seconds expires C. When the IS-IS protocol starts, the overload bit is set for 1200 seconds. D. After the first IS-IS adjacency forms, the overload bit is set after the timer of 1200 seconds expires. Answer: C

7.What is the final component of CoS processing on a Junos device? A. drop profile map B. behavior aggregate classifier C. rewrite marker D. multifield classifier Answer: C

8.Which address range has been specifically reserved for use with SSM traffic? A.233.0.0.0/8 B.224.2.0.0/16 C.232.0.0.0/8 D.239.0.0.0/8 Answer: C

9.Which 0SPFv3 router ID is valid? A.192.168.1.1 B.:;192.168.1.1 C.0.0.0.0 D.2008:db800::1 Answer: A

10.You are working with a new MPLS network that is using the default EXP classifier and default schedules A small amount of traffic is being placed in the assured forwarding class. No other traffic is passing through the network at this time In this scenario, what happens to the traffic that is being placed in the assured forwarding class? A. The traffic is reclassified to the best effort forwarding class and is forwarded. B. The traffic remains in the assured forwarding class and is forwarded. C. The traffic is reclassified to the network control forwarding class and is forwarded D. The traffic remains in the assured forwarding class and is dropped. Answer: B






nice!(0)  コメント(0) 

C9020-662問題集、C9020-662出題範囲、C9020-662試験情報、C9020-662試験材料、C9020-662試験問題と解答 [IBM]

Testpassportは、あなたがIBM Certified Specialist C9020-662試験に合格確実にするためにあなたに良いガイドを提供します。
弊社のIBM Certified Specialist C9020-662問題集は認定資格試験の準備の第一歩としては最適です。
弊社のIBM Certified Specialist C9020-662試験材料はこの分野の専門家によって作り上げ、一番適当な価格で提供します。
本当のIBM Certified Specialist C9020-662試験に出題される傾向のあるポイントにまで集中することができる正確性があるので、短期間で合格することができます。
弊社のIBM Certified Specialist C9020-662試験問題と解答はあなたが必要とした一切の試験トレーニング資料を準備して差し上げます。

1.Which two options supply the master encryption key for an IBM Storwize V7000 at power on? (Choose two.) A. Self-encrypting drives B. IBM Spectrum Control C. IBM SKLM D. USB stick E. SAS controller Answer: C,D

2.An online shopping website stores large amounts of product data and orders on a multi-tier IBM Storwize storage solution. All data is stored in a mixed pool including nearline, enterprise, and flash storage.How will East Tier assist this organization with its data performance? A. Creates image mode volumes on flash and enterprise storage B. Placing new data directly on flash storage C. Promotion of data from enterprise to flash storage D. Promotion of data directly from nearline to flash storage Answer: A

3.A state government education agency is building an in-house application that designs, delivers, and scores standardized tests. The agency needs a scalable storage solution that initially provides SAS host connectivity during the proof-of-concept phase and can be seamlessly upgraded to more advanced features.Which storage solution should a technical specialist recommend? A. IBM FlashSystem 900 B. IBM FlashSystem V9000 C. IBM Storewize V5020 D. IBM Storewize V7000 Answer: B

4.A customer is considering IBM VersaStack as the new data center standard. The customer is attracted to the IBM Storewize V7000 storage system because of the flexibility, but the customer has legacy storage that must be retained.What is the primary benefit of IBM VersaStack with IBM Storewize V7000 over competitive converged architectures? A. The IBM VersaStack is optimized for CISCO NEXUS switches combining multiple storage protocols. B. The IBM VersaStack provides an integrated foundation for both virtualized and non-virtualized solutions. C. The IBM Storewize V7000 offers many options for connectivity enabled by the host adapter card selections. D. The IBM Storewize V7000 enables legacy storage as part of an IBM VersaStack CVD. Answer: B

5.A customer wants to understand how to best determine the benefits of combining SSDs with spinning drives in an existing IBM Storewize V7000 that is licensed with the base software only.How should the customer proceed? A. use heat map from Easy Tier in evaluation mode and use STAT. B. Purchase a SATA license to monitor the V7000. C. Download current performance logs into STAT and evaluate. D. Create an Easy Tier pool SSDs and spinning drives and migrate volumes as appropriate. Answer: A

6.A customer is looking for a storage solution that provides FC and SAS attachment without the need for SAN switches. This will help consolidate two separate storage solutions.Which IBM disk system is appropriate to use? A. IBM Storewize V7000 B. IBM Stoewize V5020 C. IBM Stoewize V5030 D. IBM FlashSystem V9000 Answer: D

7.A mandatory requirement in a customer RFI is to provide protection against a single drive failure and that data and one stripe of parity are striped across all array members. The customer wants the fastest possible rebuilt.Which RAID level on the IBM Storwize V7000 meets these requirements? A. RAID 5 B. DRAID 5 C. DRAID 6 D. RAID 6 Answer: A

8.A company is experiencing high data growth of its mission critical VMware and database workloads that run on a competitive storage system.How does the IBM FlashSystem V9000 help the company address space consumption? A. Space-efficient snapshots B. IBM Tiered Storage Optimizer C. Real-time Compression D. Easy Tier Answer: A

C9020-662試験情報:

試験名称:IBM Virtualized Storage V1
質問数:60
時間は分で許されます:90
合格点:60%
言語:英語
試験費用:30
場所:Pearson VUEオンライン?テスト?システム(リンクはibm.com外にあります)
単位面積:評価:IBM Systems - ストレージ?システム
テストのタイトル:A9020-662評価:IBM Virtualized Storage V1

あなたの現在のスキルレベルとTest C9020-662 - IBM Virtualized Storage V1の準備状況を評価するには、Webベースの評価テストを受けることができます。

この評価テストに合格しても、資格情報を取得することはありません。 試験スコアレポートに診断フィードバックを提供し、テストの各セクションでどのように採点したかを示しながら、テストの目的に関連づけてフィードバックを提供するように設計されています。

C9020-662出題範囲:

General Overview (25%)
Differentiate among IBM?s virtualized products including Storwize and FlashSystem V9000.
Given a scenario, describe the benefits of a virtualized storage infrastructure that influences the decision-making process.
Given a scenario, describe the benefits of the different hardware architectures within IBM?s virtualized portfolio including IBM Storwize and FlashSystem V9000.
Explain how IBM Spectrum Control enhances IBM?s virtualized products including Storwize and FlashSystem V9000.
Explain how IBM Spectrum Protect enhances IBM?s virtualized products including Storwize and FlashSystem V9000 solutions.

System and Advanced Functions Knowledge (27%)
Identify ways the IBM Storwize family and FlashSystem V9000 enable security.
Given a scenario, describe IBM Storwize family and FlashSystem V9000 advanced functions.
Given a scenario, explain components and functions included in a standard software license and what is optional and/or chargeable.
Given a scenario, compare and contrast the difference between converged and non-converged systems.
Given a scenario, describe advanced usage of IBM Spectrum Control with IBM Storwize products and FlashSystem V9000.

Solution Design (28%)
Given a scenario, create an IBM Storwize or FlashSystem V9000 system layout to meet customer requirements.
Given a scenario, evaluate drive types and RAID configurations to meet customer and solution requirements.
Given a scenario, identify networking protocols required to meet customer requirements.
Given a scenario, describe advanced usage of IBM Spectrum Control with IBM Storwize or FlashSystem V9000.
Demonstrate knowledge of pre-sales tools and resources.

Basic Implementation (20%)
Gven a scenario, perform basic configuration tasks associated with IBM Storwize or FlashSystem V9000.
Given a scenario, gather basic installation requirements.
Demonstrate knowledge of integration with other storage hardware and software products.
Demonstrate knowledge of pre-sales and post-sales tools and resources.

弊社のIBM Certified Specialist C9020-662練習問題はIT認証に対する最高のトレーニング資料で、最完全かつ最新で、合格率が非常に高いということで人々に知られています。
弊社のIBM Certified Specialist C9020-662問題集を利用したら、あなたはぜひ自信に満ちているようになり、これこそは C9020-662試験の準備をするということを感じます。





nice!(1)  コメント(0) 

1Z0-070テストの準備、1Z0-070試験トレーニング資料、1Z0-070出題範囲、1Z0-070フィードバック、1Z0-070練習問題集 [Oracle]

Testpassportは絶対にあなたのOracle Engineered Systems 1Z0-070テストの準備の真の環境を与えています。
あなたに多くの援助をもたらす、高品質、概要と妥当性の範囲で、Oracle Engineered Systems 1Z0-070認定試験に関連するトレーニング教材がたくさんあるので、あなたを安心して感じることができます。
弊社のOracle Engineered Systems 1Z0-070練習問題集を使用すると、常に高いレベルに到達するための独自の知識を向上させています。
1Z0-070フィードバックがあります

模試プログラムはとてもいいだと思いました。繰り返し練習して、質問と正解を全部覚えて試験合格することができました.

試験番号:1Z0-070
試験のタイトル:Oracle Exadata X5の管理
所要時間:120
質問の数:90
合格点:60%
ベータ試験のスコアレポートは、ベータ試験の終了後約6週間、CertViewで利用可能になります。 ベータ試験の結果へのアクセス方法に関する説明が記載されたメールが届きます。
ビュー合格スコアポリシー
検証済み:
この試験は、Oracle Exadata Database MachineバージョンX5-2に対して検証されています。
フォーマット:複数の選択肢

Oracle認定資格を取得したOracle Exadata X5管理者の認定資格は、Exadata固有のデータベース管理、ASM管理、ネットワーク管理、およびLinux管理などのスキルの習得を実証します。 この試験に合格すると、Exadata Database Machineの構成、インストール、および管理に必要なスキルを理解していることがわかります。

Oracle Engineered Systems 1Z0-070出題範囲:

Exadata Database Machine Overview
Identify the benefits of using Database Machine for different application classes
Describe the key capacity and performance specifications for Database Machine

Exadata Database Machine Architecture
Describe the Database Machine network architecture and requirements
Describe the Database Machine software architecture
Describe the Exadata Storage Server storage entities and their relationships
Describe how multiple Database Machines can be interconnected and scaled up

Key Capabilities of Exadata Database Machine
Describe the key capabilities of Exadata Database Machine
Describe the Exadata Smart Scan capabilities
Describe the capabilities of hybrid columnar compression
Describe the capabilities and uses of the Smart Flash Cache
Describe t he capabilities of Columnar Flash Caching
Describe the capabilities of the Smart Flash Log
Describe the purpose and benefits of Storage Indexes
Describe the capabilities and uses of Exadata Snapshot databases
Describe Cell to Cell Data Transfer and Exadata Network Resource Management

Exadata Database Machine Initial Configuration
Describe site planning requirements for Database Machine
Describe the installation and configuration process with the Exadata Deployment Assistant
Describe the default configuration for Database Machine
Describe supported and unsupported customizations for Database Machine

Configure Exadata Storage Server
Configure Exadata software and resources using Cellcli or other tools
Create and configure ASM disk groups using Exadata
Use the CellCLI, ExaCLI, DCLI and ExaDCLI Exadata administration tools
Configure Exadata Storage Server security

I/O Resource Management
Use Exadata Storage Server I/O Resource Management to manage workloads within a database and across multiple databases
Configure database resource management plans and profiles
Configure category plans
Configure inter-database plans
Describe and configure the I/O resource manager objectives
Monitor I/O using I/O Metrics

Recommendations for Optimizing Database Performance
Optimize database performance in conjunction with Exadata Database Machine
Optimize Cell performance for Flash Cache and latency capping

Using Smart Scan
Describe Smart Scan and the query processing that can be offloaded to Exadata Storage Server
Describe the requirements for Smart Scan
Describe the circumstances that prevent using Smart Scan
Identify Smart Scan in SQL execution plans including smart joins
Use database statistics and wait events to confirm how queries are processed

Consolidation Options and Recommendations
Describe the options for consolidating multiple databases on Database Machine
Describe the benefits and costs associated with different options
Identify the most appropriate approach for consolidation in different circumstances

Migrating Databases to Exadata Database Machine
Describe the steps to migrate your database to Database Machine
Explain the main approaches for migrating your database to Database Machine
Identify the most appropriate approach for migration in different circumstances

Bulk Data Loading
Configure the Database File System (DBFS) feature for staging input data files
Use external tables based on input data files stored in DBFS to perform high-performance data loads

Exadata Database Machine Platform Monitoring
Describe the purpose and uses of SNMP for the Database Machine
Describe the purpose and uses of IPMI for the Database Machine
Describe the purpose and uses of ILOM for the Database Machine

Configuring Enterprise Manager Cloud Control 12c to Monitor Exadata Database Machine
Describe the Enterprise Manager cloud Control architecture as it specifically applies to Exadata Database Machine
Describe the discovery process and post discovery configurations

Monitoring Exadata Storage Servers
Describe Exadata Storage Server metrics, alerts, Thresholds and active requests
Describe and use Exedata Storage Server Quarantines, Disk Scrubbing and repair
Monitor Exadata Storage Server using Command line or Cloud control

Monitoring Exadata Database Machine Database Servers
Describe the monitoring recommendations for Exadata Database Machine database servers
Use Cloud Control or DBMCLI to monitor Exadata Database Machine Database Servers

Monitoring the InfiniBand Network
Monitor InfiniBand switches With Cloud Control or CLI
Monitor InfiniBand switch ports
Monitor InfiniBand ports on the database servers ajd Cells with LIST IBPORT command

Monitoring other Exadata Database Machine Components
Monitor Exadata Database Machine components: Cisco Switch, Power Distribution Units

Monitoring Tools
Use monitoring tools: Exachk, ExaWatcher, TFA Collector DiagTools, ADRCI, Imageinfo and Imagehistory, OSWatcher

Backup and Recovery for Exadata Database Machines
Describe how RMAN backups are optimized using Exadata Storage Server
Describe the recommended approaches for disk-based and tape-based backups of databases on Database Machine
Perform backup and recovery
Connect a media server to the Database Machine InfiniBand network

Database Machine Maintenance tasks
Power Database Machine on and off
Safely shut down a single Exadata Storage Server
Replace a damaged physical disk on a cell
Replace a damaged flash card on a cell
Move all disks from one cell to another
Use the Exadata Cell Software Rescure Procedure

Patching Exadata Database Machine
Describe how software is maintained on different Database Machine components

Database Machine Automated Support Ecosystem
Describe the Auto Service Request (ASR) function and how it relates to Exadata Database Machine
Describe the implementation requirements for ASR
Describe the ASR configuration process
Describe Oracle Configuration Manager (OCM) and how it relates to Exadata Database Machine

最新の短期効果的なOracle Engineered Systems 1Z0-070トレーニング教材を作るために彼らの知識と経験を使用して達成することができます。
1Z0-070の合格率は100パーセントに達したので、絶対あなたが試験を受かることに重要な助けになれます。
弊社のOracle Engineered Systems 1Z0-070試験トレーニング資料は私達受験生の最良の選択です。
1Z0-070問題と解答もあって、最高で最新な1Z0-070認定試験問題集も一年間に更新いたします。

1.Which three statements are true about Automatic Hard Disk Scrubbing and repair on high-capacity storage servers in an X5 Database Machine? A. Disk repair is made immediately from Smart Flash Cache for corruption on disk when the corresponding data is clean in the Smart Flash Cache. B. Hard disks are scanned every two weeks by default but only when disks are idle. C. Hard disks are scanned every two weeks by default in all situations. D. Disk repair is made immediately from Smart Flash Cache for corruption on disk when the corresponding data is dirty in the Smart Flash Cache. E. Disk repair may be made from another mirror copy if the corrupt area is part of a Normal or High Redundancy Disk Group. Answer: A,C,E

2.You plan to migrate a database supporting an OLTP workload to your new X5 Database Machine.The current database instance supports a large number of short duration sessions and a very high volume of short transactions.Which three X5 Database Machine features can improve performance for this type of workload? A. An improved highly efficient undo and redo architecture B. Faster optimization due to an Exadata-specific optimizer C. Reduced I/O latency for writes due to writeback flashcache on all Exadata X5 and later models D. Ultra high I/O performance for reads and writes when using Exadata Extreme Flash in X5 and later models E. Reduced I/O latency for reads due to read flashcache on all Exadata X5 and later models Answer: A,C,D

3.Your X6 Exadata Database Machine is running Oracle Database 12c, and has a large database with some very large tables supporting OLTP workloads.High-volume insert applications and high-volume update workloads access the same tables.You wish to compress these tables without causing unacceptable performance overheads to the OLTP workload.Which three are true regarding this requirement? A. Compression is performed on database servers when using row store compress advanced in an Exadata environment. B. Using row store compress advanced will compress the data more than if using column store compress for archieve low. C. The compression method column store compress for archive high is the worst fit for this requirement. D. Compression is performed on Exadata Storage Servers when using row store compress advanced in an Exadata environment. E. Using row store compress advanced will compress the data less than if using column store compress forquery low. Answer: A,B,D

4.You plan to migrate a database supporting both DSS and OLTP workloads to your new X5 Database machine.The workloads contain many complex aggregating functions and expensive joins on large partitioned tables in the DSS workload and indexed access for OLTP workloads.Which three benefits accrue as a result of this migration? A. Superior compression capability designed specifically for OLTP workloads B. Columnar storage capability for data in row major data blocks that is held in flash cache C. Superior compression capability designed specifically for data warehouse tables D. Superior compression capability designed specifically for archival data E. Superior flash cache compression technique F. Cell offload processing for indexed-organized table access Answer: A,C,D

5.Which four are true about Exadata features? A. Storage Indexes persist across Exadata storage server reboots. B. Data Warehouse workloads will benefit from Smart Flash Cache configured in Write-Through mode. C. Hybrid Columnar Compressed tables can be compressed and decompressed on Exadata storage servers. D. Hybrid Columnar Compressed tables can be compressed and decompressed on the database servers. E. OLTP workloads will benefit from Smart Flash Cache configured in Write-Back mode. F. Storage Indexes persist across database server reboots. Answer: C,D,E,F

6.Which two must be true for a Smart Scan to occur on a table? A. Sessions querying the table must set cell_offload_processing = true. B. It must be stored in an ASM diskgroup with a 4MByte AU size. C. It must be heap organized. D. It must be accessed using direct path reads. E. The table must not be compressed. Answer: A,D

7.Which three must be true for a Smart Scan to occur for a table? A. cell_offload_processing must be true in sessions issuing SQL statements that access the table. B. The query must be executed serially. C. The query must be executed in parallel. D. Direct path reads must be used at run time. E. The ASM diskgroup containing the table’s tablespace must have a 4 Mbyte AU size. F. The ASM diskgroup containing the table’s tablespace must have cell.smart_scan_capable set to true. Answer: A,D,F

8.A file contains a script with several EXACLI commands that must be executed on each cell in an X5 full rack.The script must run on each cell simultaneously.How would you achieve this? A. Copy the script to all cells using the DCLI command and manually execute it on each cell using the DCLI command. B. Copy the script to the cells using the EXACLI command and execute the script on all cells using the EXACLI command. C. Execute it on all cells using the EXADCLI command specifying the file name containing the EXACLI script. D. Copy the script to all cells using the CELLCLI command and execute it on all cells in parallel using the CELLCLI command. E. Execute it on all cells using the DBMCLI command specifying the file name containing the EXACLI script. Answer: C




nice!(1)  コメント(0) 

C2150-624問題集、C2150-624テスト情報、C2150-624参考書、C2150-624認証試験 [IBM]

TestpassportのIBM Certified Associate Administrator C2150-624問題集は、あなたがこの非常に専門的な試験に直面する準備ができようにする保証するためにあなたの全体をカバーし、良質の試験情報を提供します。
IBM Certified Associate Administrator C2150-624認証試験に参加者に対して30時間ぐらいの短期の育成訓練でらくらくに勉強しているうちに多くの知識を身につけられます。
弊社のIBM Certified Associate Administrator C2150-624参考書を選択し、試験の情報が含まれています。
正式のIBM Certified Associate Administrator C2150-624の検査の前に模擬試験も非常に効果的に必要です。
弊社のIBM Certified Associate Administrator C2150-624勉強資料を使用すると、一度簡単に成功することを保証できます。

C2150-624テスト情報:

質問数:60
時間は分で許されます:90
必要な合格点数:63%
言語:英語

C2150-624の準備をするためには、実践的な製品経験を持ち、この認証が構築された職務内容とテストの目的(テストで測定されたスキル)に精通していることが推奨されます。 自分の技術水準と以下のテスト目的やトレーニングリソースを比較し、必要な準備を自分で決定します。 これらの教育機関は、認定試験を受ける前にお勧めしますが、必須ではありません(*)。 ソースは、テストで測定されたスキルを総括的にカバーしています。

C2150-624テストは6つのセクションで構成され、合計で約60の多肢選択式質問が含まれています。各セクションタイトルの後のパーセンテージは、セクション全体にわたる合計質問セットのおおよその分布を反映しています。

セクション1 - アーキテクチャのコンポーネント(8%)
QRadarのコンポーネントと用語(QFlow、EPS、ECS、CRE、Console、Magistrateなど)を説明してください。
QRadarダッシュボードを解釈します。

セクション2 - 計画と設置(15%)
QRadarのモデルと性能レベル(可能なマッチング)を記述する。 (環境ハードウェア要件、ストレージ要件、ストレージ保持、コンプライアンスの決定)。
ディザスタリカバリ/ HA DRのインストールと実装の計画手順を実行して適用します。
ログとフローソースを区別します。
ライセンスの制限とレベルを解釈する。
構成とデータのバックアップを適用します。

セクション3 - 管理タスク(33%)
新しいデータソース(ログ、フロー、wincollect)のアタッチ方法を示します。
QRadar内の管理役割を説明する。
システムライセンスを実装します。
ユーザーアカウントと役割アカウントを実装します。
バックアップと復元のプロセスを適用します。
参照セットを管理する。
ネットワーク階層を適用する(IPアドレスを管理する)。
資産データベースの使用。
データ保持を実行および管理する。
イベントおよびフロー保持構成を適用します。
基本的なPostgress SQL(PSQL)の知識を示します。
基本的なAriel Query Language(AQL)の知識を実証する。
QRadarテンプレートを使用してレポートを生成、変更、解釈します。

セクション4 - 移行とアップグレード(11%)
コンソールの移行に必要な手順を説明し、実行します。
ハードクリーニングとソフトクリーニングの違いを区別してください(Reset SIM)。
アップグレード時にコンソールを実行するために必要な基本コマンドを実行します。
各アップグレードタイプの基本的な手順を説明します。 自動化対手動/ HA対スタンドアロン展開(アップグレード中のプロセスフロー、コンポーネントのアップグレード順など)。
どのバージョンからのアップグレードパスを説明するか。

セクション5 - 設定、監視、調整(実装)(14%)
さまざまなシステム監視ダッシュボードを記述します。
ルールチューニング(作成、削除、変更の方法)の基本的な知識を示します。
QRadarアーキテクチャの構成を実演してください。
システムの状態を判断するためにキーコマンドを使用する方法を示します。

セクション6 - トラブルシューティング(18%)
EPS、FPS、パフォーマンスを解釈します。
基本的な障害回復手順、HA DRを説明してください。
RegExでのルールと表現のデモンストレーション
ログの場所を記述します。
ダッシュボードでエラーメッセージを解釈します。
トラブルシューティングのために利用可能なサービスを使用してください(何を確認するのか、理由)。

弊社のIBM Certified Associate Administrator C2150-624練習問題集が本当に人々に恩恵をもたらすことができて、速く自分の夢を実現することにヘルプを差し上げられます。
弊社はずっとIBM Certified Associate Administrator C2150-624トレーニング資料をアップグレードしていますから、提供して差し上げた製品は一年間の無料更新サービスの高いものがあります。
弊社のIBM Certified Associate Administrator C2150-624勉強資料はあなたを一回で試験に合格させるだけでなく、C2150-624認定試験に関連する多くの知識を勉強させることもできます。
IBM Certified Associate Administrator C2150-624無料サンプルをご参照ください

1.Administrators on versions of IBM Security QRadar SIEM older than V7.2.4 must use a specific upgrade
path to transition to newer software versions. These requirements are outlined in what technical
document?
A. Fix Level Recommendation Tool
B. IBM latest firmware release notes
C. QRadar Software upgrade progress technical note
D. IBM System Security Interoperation Center (SSIC)
Answer: C
Explanation:
Most of the upgrades of IBM products are available in technical notes. IBM security Qradar SIEM upgrade
process and information can be obtained through technical notes that IBM publishes on the web.
Reference http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg27038118

2.What is a precaution an Administrator should take before beginning an upgrade of IBM Security QRadar
SIEM V7.2.8?
A. Close all open offenses.
B. Purge old data and events.
C. Check and close all open messages.
D. Confirm that a backup of the data is complete.
Answer: D
Explanation:
The first precaution listed in the IBM document states that the administrator should backup data before
preparing for software upgrade. Backup of the current settings is important because if anything bad
happens during the upgrade, you can always revert back to the original settings.
Reference http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg27048793

3.After downloading the .sfs file from Fix Central, what is the next step to upgrade IBM Security QRadar SIEM V7.2.8? A. Log in to the console as the Admin user-> Admin tab -> Advanced Menu -> Clean SIM Model. B. Log in to the console as the Admin user-> Admin tab -> Advanced Menu -> Upgrade option. C. Use SSH to log in to the system as the root user -> Run the patch installer with the following command: /media/updates/upgrade_qradar. D. Use SSH to log in to the system as the root user -> Copy the patch file to the /tmp directory or to another location that has sufficient disk space. Answer: D Explanation: Download the fix pack to install QRadar 7.2.8 Patch 1 from the IBM Fix Central website: http:// www.ibm.com/support/fixcentral/swg/quickorder?parent=IBM%2BSecurity&product=ibm/Other+software/ IBM+Security+QRadar+SIEM&release=7.2.0&platform=Linux&function=fixId&fixids=7.2.8-QRADARQRS IEM- 20161118202122&includeRequisites=1&includeSupersedes=0&downloadMethod=http&source=fc Using SSH, log in to your system as the root user. Copy the fix pack to the /tmp directory on the QRadar Console. Note: If space in the /tmp directory is limited, copy the fix pack to another location that has sufficient space. To create the /media/updates directory, type the following command: mkdir -p /media/updates Reference http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg27049111 4.An Administrator working with IBM Security QRadar SIEM V7.2.8 needs to enable the PCI report template. What is the procedure to accomplish this task? A. Admin Tab -> Reports -> Templates -> Compliance -> PCI -> Select “Enable” B. Report Tab -> Enable “Show all templates” -> Group List -> Compliance -> PCI C. Reports Tab -> Clear “Hide Inactive Reports” box -> Group List -> Compliance -> PCI D. Admin Tab -> Reports -> Templates -> Compliance -> PCI -> uncheck “Hide Template” Answer: C Explanation: 5.An IBM Security QRadar SIEM V7.2.8 Administrator assigned to a company that is looking to add QRadar into their current network. The company has requirements for 250,000 FPM, 15,000 EPS and FIPS. Which QRadar appliance solution will support this requirement? A. QRadar 3128-C with Basic License B. QRadar 2100-C with Basic License C. QRadar 3128-C with Upgraded License D. QRadar 2100-C with Upgraded License Answer: C Explanation: The upgraded license of Qradar 3128-C has 300k FPM and 15000 EPS and FIPs. Therefore the Qradar 3128-C with upgraded license is the best choice for the company. Reference https://www.ibm.com/support/knowledgecenter/SS42VS_7.2.8/com.ibm.qradar.doc/ c_hwg_3128_allone.html
nice!(0)  コメント(0) 

1Y0-340問題集、1Y0-340無料サンプル、1Y0-340学習材料、1Y0-340試験トレーニング資料、1Y0-340参考書 [Citrix]

TestpassportのCitrix CCP-N 1Y0-340問題集は真実の試験問題はとても似ている専門家チームの勤労の結果としてとても値打ちがあります。
弊社のCitrix CCP-N 1Y0-340参考書と科学的なテストを提供して、気楽に認定試験に受かることにヘルプを提供するのは我々の約束です。
弊社のCitrix CCP-N 1Y0-340試験トレーニング資料は私達受験生の最良の選択です。
弊社のCitrix CCP-N 1Y0-340練習問題集を勉強したら、全ての難問は解決できるようになりました。
もし、受験者がCitrix CCP-N 1Y0-340試験に関する問題があれば、最も早い時間で、解答します。
弊社のCitrix CCP-N 1Y0-340学習材料は彼らの知識や経験を利用してあなたの知識を広めることを助けています。

お知らせ:

2017年10月23日 英語リリースされました。
言語:英語

受験費用:
24000円(税別)

高品質なCitrix CCP-N 1Y0-340受験資料と無料のオンライン顧客サービスを提供するだけでなく、最速のスピードと試験のアウトラインを更新します。
弊社はずっとCitrix CCP-N 1Y0-340トレーニング資料をアップグレードしていますから、提供して差し上げた製品は一年間の無料更新サービスの景品があります。

1Y0-340試験は次のセクションに分かれています:

アプリケーションファイアウォールの概要
アプリケーションファイアウォールのプロファイルとポリシー
正規表現
攻撃と保護
監視とトラブルシューティング
セキュリティとフィルタリング
NetScaler MAS:導入と設定
NetScalerインスタンスの管理と監視
NetScalerの設定の管理
NetScaler Webロギング
統合キャッシング
フロントエンドの最適化
チューニングと最適化

弊社のCitrix CCP-N 1Y0-340試験問題があなたが一歩一歩自分の念願に近くために助けを差し上げます。
弊社のCitrix CCP-N 1Y0-340勉強資料はあなたが知る必要がある答えのすべてのコンテンツをカバーしています。
あなたが問題を解決するための能力を向上させ、あなたの仕事の満足度を向上させるための技術の継続的な開発を活用したCitrix CCP-N 1Y0-340試験資料のヘルプを表示します。
Citrix CCP-N 1Y0-340無料サンプルをご参照ください

1.Which two security checks invoke sessionization? (Choose two.) A. CSRF Form Tagging B. Field Formats C. Form Field Consistency D. HTML Cross-Site Scripting Answer: A,C

2.Which NetScaler Management Analytics System (NMAS) feature can the Citrix Engineer use to convert configuration tasks performed using the GUI to CLI commands? A. Master Configuration B. Inbuilt Template C. Record-and-Play D. Configuration Template Answer: C

3.A Citrix Engineer needs to deploy the NetScaler Management and Analytics System (NMAS) in their company environment to ensure that NMAS provides uninterrupted operation in all situations.Which deployment type can meet this requirement? A. Active-Active High Availability Mode B. Single-Server Deployment Mode C. NMAS integrated with Director mode D. Active-Passive High Availability Mode Answer: A

4.Which two settings can be used when creating a Cache Content group? (Choose two.) A. Remove response cookies B. Set Lazy DNS resolution C. Expire cookies D. Use DNS Query E. Use browser settings Answer: A,B

5.Scenario: A Citrix Engineer needs to configure Application Firewall to handle SQL injection issues. However, after enabling SQL injection check, the backend server started dropping user requests. The Application Firewall configuration is as follows: add appfw profile Test123 –startURLAction none- denyURLAction none-crossSiteScriptingAction none –SQLInjectionAction log stats- SQLInjection TransformSpecialChars ON –SQLInjectionCheckSQLWildChars ON- fieldFormatAction none- bufferOverflowAction none- responseContentType “application/octet-stream” –XMLSQLInjectionAction none- XMLXSSAction none-XMLWSIAction none- XMLValidationAction none What does the engineer need to change in the Application Firewall configuration? A. Enable-XMLSQLInjectionAction none B. Enable-XMLValidationAction none C. Disable- SQLInjectionCheckSQLWildChars ON D. Disable- SQLInjectionTransformSpecialChars ON Answer: C

6.A Citrix Engineer has correctly installed and configured the NetScaler Web Logging (NSWL) client but has noticed that logs are NOT being updated.What could be causing this issue? A. The TCP port 3011 is NOT open between the NSWL client and NetScaler. B. The NSWL client executable is NOT running on the client. C. The NSWL buffer is full on the NetScaler. D. An NSIP is missing in the log.conf file Answer: D

7.Which mechanism does the NetScaler use to enable a safe and speedy data exchange between a client/server initial TCP handshake? A. TCP Fast Open (TFO) B. TCP Burst Rate Control C. TCP Hystart D. TCP Time Stamp Answer: A

8.A Citrix Engineer needs to set the rate at which connections are proxied from the NetScaler to the server.Which values should the engineer configure for Surge Protection? A. UDP Threshold and Start Port B. Grant Quota and Buffer Size C. TCP Threshold and Reset Threshold D. Base Threshold and Throttle Answer: D





nice!(1)  コメント(0) 

C9010-260研究材料、C9010-260テスト情報、C9010-260試験資料、C9010-260受験対策、C9010-260練習問題 [IBM]

Testpassportは非常に経験豊富であり、IBM Certified Sales Specialist C9010-260研究材料はほぼ同じで、実際の試験問題に非常に近いです。
弊社のIBM Certified Sales Specialist C9010-260勉強資料を使うと、あなたの目標を達成し、最高の結果を得ることができます。
弊社のIBM Certified Sales Specialist C9010-260練習問題は受験生のために特別に作成したものですから、97%パーセントの合格率を保証します。
弊社のIBM Certified Sales Specialist C9010-260受験対策は非常に良好であり、非常に高速な更新レートを持っています。
当社のIBM Certified Sales Specialist C9010-260試験資料を利用したら、一年間の無料更新サービスを提供します。
高品質のC9010-260問題と回答を提供します。

1.A potential IBM POWER8 customer is worried about the life of RISC processor.
Which of the following response should help the customers do not have to worry too much about investment in Power System's?
A. Because IBM support Little Endian, AIX and IBM i will be able to run on x86.
B. IBM operating system and Power Technology Roadmap emphasizes the IBM technology promises.
C. Even if POWER stop production, all IBM applications and middleware have been ported to Linux.
D. IBM assure OpenPOWER foundation that IBM will continue to develop POWER chips in the next 10 years.
Answer: B

2.A customer is close to maximum energy consumption in their data center and wants to measure and predict energy use.
Which POWER8 feature will provide the required function?
A. Power capping
B. Power saver mode
C. Power core nap mode
D. Power trending
Answer: D

3.Software developers can take advantage of what elements of POWER8 technology to optimize the performance in E870?
A. transactional memory and SMT
B. Active Memory Expansion and store keys
C. first failure data capture (FFDC) and the service processor
D. Hypervisor and thermal power management device (TPMD)
Answer: A

4.Customers want to run an Oracle application which POWER8 and competitors platform both provide. The Oracle application per core permission.
Which POWER8 processor advantage can provide a competitive advantage of total cost of ownership (TCO) aspect?
A. core performance
B. 8 cores per processor
C. 3 memory cache
D. processor instruction retry
Answer: A

5.How does POWER8 technology bring to lower TCO?
A. higher performance core can reduce software license.
B. RAS feature means that no longer need to spend any cost on a failover system.
C. Power systems of lower energy consumption can be reduce 20% of the system cost.
D. Software License and Capacity on Demand make the minimum number of software license core.
Answer: A

6.Which P0WER8 technology features contribute the most to lower TCO?
A.CAPI and transactional memory
B.High performance cores and SMT
C.PCIe Gen3 support and Hot Plug adapters
D.First Failure Data Capture and Thermal Power Management Device
Answer: B

7.A customer is running a large application on x86 Linux with an Oracle Enterprise database.
Which of the following can be used to financially justify migrating the application to POWER8 and DB2?
A. POWER8 requires fewer cores to run the same workload.
B. POWER8 Active Memory Expansion reduces the cost of memory.
C. POWER8 cores exploit SMT6.
D. POWER8 hardware and software maintenance costs are lower.
Answer: A

8.What PCI adapter does POWER8 support?
A. only PCIe Gen 3
B. PCI-X and PCIe Gen 3
C. PCIe Gen 1, PCIe Gen 2 and PCIe Gen 3
D. PCI-X, PCIe Gen 1, PCIe Gen 2 and PCIe Gen 3
Answer: C

9.Which of the following features does POWER8 scale-out system provide?
A. memory capacity on demand expansion
B. processor capacity on demand expansion
C. redundant service processor
D. solid state disk drives
Answer: D

10.A POWERS customer with disk expansion drawers needs a non-disruptive solution to improve the disk performance at the lowest cost.
What should be proposed to satisfy the customer's requirement?
A. V7000 SAN Disk
B. 840 Flash Storage
C. DS5000 SAN Disk
D. SSD drives
Answer: D

C9010-260テスト情報:

試験名称:IBM Power Systems with POWER8 Sales Skills V2
質問の数:62
分の時間:120
必要な合格スコア:66%
言語:英語

C9010-260出題範囲:

一般的な製品知識(27%)
機能および/または制限を含むIBM Power Systems Scale-outおよびLinuxモデルについて説明してください。
NVIDIAテクノロジを採用したPower Systemsの市場機会を明確にします。
機能および/または制限を含むIBM Power Systems Enterpriseモデル?サーバーについて説明します。
電源システム周辺機器を記述する(例えばHMC /仮想HMC、I / O拡張ドロワー、UPS、ラック、テープおよび/またはオフラインストレージ)、及びこれらを推奨又は要求される場合。
シナリオが与えられると、適切なディスクストレージ(従来の内部ディスク、内部SSD、フラッシュ、または外部ストレージ)を決定します。
シナリオが与えられたら、適切なオペレーティング?システム(AIX、IBM i、またはLinux)を判別します。
PoerHA、PowerVM、PowerSC、PowerVC、PowerVP、PowerKVMなど、Power Systemsソフトウェア製品とその意図された機能について記述する
信頼性、可用性、サービス性(RAS)をサポートするPower Systemsのアーキテクチャ、テクノロジ、およびオペレーティングシステムの機能について説明します。
Power Systemsのエネルギー管理機能について説明します。
ハイレベルで使用可能なI / Oアダプタを説明して(例えばSAS、フラッシュ、ファイバ?チャネル、インフィニバンド、イーサネット)およびそれらがどのようにシステムに組み込まれたものも含め、現在のソリューションに適用されます。
クラウド、分析、モバイル、セキュリティー、およびソーシャル?ワークロードの要件をサポートする主要なIBM製品を記述します。
CAPI機能がPower Systemsソリューションにもたらしたユニークな利点を説明してください。
OpenPOWER Foundationが提供する顧客のメリットを記述します。
オープンソースコミュニティに沿ったソリューションによって提供される顧客の利益と競争上の優位性について記述してください。

競争(15%)
Oracle、HP、Dell、およびCiscoを含む競合製品とPower Systemsサーバを区別します。
Power Systemsサーバーとx86 Linuxの競合を区別します。
VMware、Hyper-V、KVM、XenServerなどの競争力のある仮想化ソリューションに対して、PowerVMやPowerKVMなどのIBM仮想化ソリューションを差別化します。
IBMが競争相手と提携している状況(例:Oracle on Power)での機会を認識する。
競合状況で使用するための適切なツールとリソース(IBM COMP、Executive Briefing Center、Eagle Studyなど)を特定する。
既存のアプリケーション/データベースをPOWER8に移植する利点について説明します。
Power CloudクラウドソリューションからCloud AWS(Amazon Web Services)、Microsoft Azure、およびOracle Cloudを区別します。

価値提案(29%)
Powe SystemsテクノロジがTCOを削減するためにどのように役立つのかを説明し、TCOを判断するためのツールの理解を示すことを含め、ROIを向上させることができます。
Power Systemsの製品が競争力のあるTCAにどのように貢献しているかを記述します。
典型的な顧客の苦境点(パフォーマンス、エネルギー消費、サーバースプロール、RAS、および予算)を解決するPower Systemsのビジネス上の利点を特定します。
Power Systemsサーバの多様性(例えば、仮想化、パーティション/アプリケーションのモビリティ、リソースの利用率など)を説明する。
競合他社のx86ソリューションと比較して、Power Systemsソリューションの価値提案を比較してください。
最適化されたソリューションスタック(ハードウェア、OS、ミドルウェア)の利点について説明します。
Powe Systemsのロードマップと、お客様の投資保護に対するIBMのコミットメントをどのように示しているか説明してください。
クラウド、分析、モバイル、セキュリティ、ソーシャルなどの戦略的ソリューションのためのPower Systemsの主な利点を説明してください。
Power Systems上で動作するISVおよびIBMミドルウェア(WebSphere、Rational、Tivoli、Redis、SAP Hana、DB2など)を特定する。
CAPI(コヒーレントアクセラレータプロセサインタフェース)POWER8アーキテクチャにもたらす(例えば、価値を認識し、ユースケースを区別)し、ここで、使用される可能性があること値を記述する。
Power SystemsのIBMクラウドソリューション(クラウドオーケストレーター、スケールアウトクラウド向けのIBM Power Systemsソリューションエディションなど)を特定します。
パワーシステムズ版、IBMデータ?エンジン解析のために - - 電力システム上のIBMのアナリティクス?ソリューション(例えば、電源オンDB2 BLU、HadoopのためのIBMのソリューションは、識別パワーシステムズEditionは、NoSQLのためのIBMデータエンジン - パワーシステムズ版、弾性ストレージ4.1で実装しますGPFS、Cognos、InfoSphere Streamsなど)が含まれます。
IBM MobileFirst Platform Foundation(以前のIBM WorkLight)など、Power SystemsのIBMモバイルソリューションを特定します。
仮想化、可用性、パフォーマンス、環境、ツールおよび標準、セキュリティ、アプリケーションの可用性、スケーラビリティ、キャパシティオンデマンドなど、Power Systemsによって提供されるインフラストラクチャの利点を明確にします。

ハイレベルなソリューション設計(29%)
顧客の要求がある場合、どのPower Systemsサーバー(たとえば、エンタープライズとスケールアウト)、オペレーティングシステム、適用可能なI / O、およびシステムソフトウェアがそれらのニーズをサポートしているかを判断します。
Scale-outシステムまたはEnterpriseシステムのいずれかでクライアントの要件を満たすことができる場合は、各アプローチの長所と短所を明確にしてください。
Power上で異なるオペレーティングシステムを実行することの価格上の利点や欠点を特定する

弊社のIBM Certified Sales Specialist C9010-260問題集は技術と技術的なポストのあなたのレベルと一致して得るのを助ける、高い給料を得るために、ITホワイトカラー労働者に緩和することができます。
弊社のIBM Certified Sales Specialist C9010-260トレーニング資料はインターネットであなたの緊張を解消することができます。
購入率と弊社のIBM Certified Sales Specialist C9010-260勉強材料の良好な受信がインターネット上で最高です。





nice!(0)  コメント(0) 

1Z0-964問題集、1Z0-964試験問題、1Z0-964学習資料、1Z0-964試験問題 [Oracle]

Oracle Enterprise Resource Planning Cloud 1Z0-964試験に合格するように、我々は最も有利な価格と最高のクオリティーを提供して差し上げます。
Testpassportは、自分自身を証明するために力を使用する必要があります。あなただけの適切なOracle Enterprise Resource Planning Cloud 1Z0-964トレーニング教材を選択する必要があります。
弊社のOracle Enterprise Resource Planning Cloud 1Z0-964問題集を利用して、真実の試験と同じ内容、試験タイプ、解答を理解できます。
実際のOracle Enterprise Resource Planning Cloud 1Z0-964試験問題と殆ど同じで、最高のトレーニング資料とみなすことができます。
弊社のOracle Enterprise Resource Planning Cloud 1Z0-964問題集がショッピング車に入れて24のインターネットオンライン顧客サービスを提供いたします。
1Z0-964質問と回答を使用するように、Testpassportはあなたが1Z0-964試験を初めて通過する保証、100%に到達することができます。

1.Your client is involved in automation control systems installation. Over the years, they have analyzed
their total project spend on specific resource classes. They have identified that their cost spread
distribution factor on a 10 spread point scale resembles: 0-4-10-11-14-13-10-4-0-0.
Identify two ways to handle this kind of a spread on their budgets and forecasts. (Choose two.)
A. Create a new spread curve or edit an existing spread curve to exactly match the spread points and
attach to a project template.
B. Create a new spread curve or edit an existing spread curve to exactly match the spread points and
attach to the resource class.
C. Use the predefined Bell Curve spread with small deviations on the spread points.
D. Use the predefined S-Curve spread with small deviations on the spread points.
Answer: B,C

2.While opening an organization tree on the Manage Organization Trees page, you notice that the
hierarchy status is displayed as Inactive.
Identify the two reasons for the organization tree to be in Inactive status. (Choose two.)
A. You used Create Tree in the action menu.
B. You used Create Tree Version in the action menu.
C. You used View Tree Version in the action menu.
D. You selected the Edit icon for opening the hierarchy.
E. You opened the hierarchy by clicking the name.
Answer: A,D

3.In your customer site, the capitalized interest calculation is implemented on their project types. Which
option represents the costs considered in the interest calculation? (Choose the best answer.)
A. common costs on the project/task
B. expenditure type exclusions on the Capitalized Interest rate name
C. expenditure type exclusions on the Capitalized Interest rate schedules
D. expenditure items whose cost spreads across multiple assets that are capitalized
E. expenditure items whose costs are applied to a single asset or multiple assets
Answer: E
Explanation:
https://fusionhelp.oracle.com/helpPortal/topic/TopicId_P_988B43C997365159E040D30A68813832

4.As you go through the first-quarter close for your customer, you notice that the burden amounts
calculated do not seem to be right. Based on the calculations, you notice that the amounts calculated are
not considering the burden schedule override at a task level, which was done during the second month of
the quarter.
Identify the reason for this problem. (Choose the best answer.)
A. Only new expenditure items charged to the task use the new burden schedule; expenditure items
processed earlier cannot be reprocessed.
B. Only new expenditure items charged to the task use the new burden schedule; expenditure items
processed earlier can be manually marked for reprocessing.
C. You can enable automatic reprocessing of expenditure items processed before the burden schedule
change.
D. All expenditure items charged to the task use the new burden schedule.
Answer: B
Explanation:https://docs.oracle.com/cloud/r13_update17b/projectcs_gs/OAPJC/OAPJC1071490.htm#OA
PJC1071482

5.Select two correct statements about project classifications on a template. (Choose two.)
A. Set Code is not required for a project class category in a project classification.
B. Project Classification is a mandatory field on a project template.
C. When a project is created from a template, the required project classifications must be entered.
D. Project class category in a project classification must be associated with a Set Code.
Answer: A,C

試験番号:1Z0-964
試験のタイトル:Oracle Project Portfolio Managementクラウド2017実装の要点
所要時間:120
質問数:76
合格点:60%
ビュー合格スコアポリシー
検証済み:
この試験はR13に対して検証されています。 (この試験の前のバージョンは2017年にR12に対して検証された)
フォーマット:複数の選択肢

Oracle Project Portfolio Management Cloud 2017 Implementation Essentials試験1Z0-964試験は、Oracle Project Portfolio Management Cloudソリューションの販売または導入に関する強力な基盤と専門知識を持つ個人向けに設計されています。

Oracle Enterprise Resource Planning Cloud 1Z0-964認定試験では、一般的なプロジェクト構成、Fusion Project Foundation、Fusion Project Costing、プロジェクト請求、プロジェクトレポート、プロジェクトリソース管理などのトピックを扱います。最新のトレーニングとフィールドエクスペリエンスをお勧めします。

品質の高いOracle Enterprise Resource Planning Cloud 1Z0-964学習資料は受験生の必要が満足できるサイトです。
弊社のOracle Enterprise Resource Planning Cloud 1Z0-964勉強資料を利用したら、あなたは楽に試験に受かることができます。
弊社のOracle Enterprise Resource Planning Cloud 1Z0-964問題集は認定試験に合格するのに大変役に立ちます。





nice!(1)  コメント(0) 

2VB-602問題集、2VB-602学習材料、2VB-602練習問題集、2VB-602参考書 [VMware]

TestpassportはVMware vRealize Operations 2017 Specialist 2VB-602で開発した問題集はとてもIT認証試験の受験生に適用します。
弊社のVMware vRealize Operations 2017 Specialist 2VB-602問題集は最良かつ最も便利なサービスを提供するための最大の努力をしてきました。
弊社のVMware vRealize Operations 2017 Specialist 2VB-602勉強資料を選択し、開始したいトレーニングを選択します。
弊社のVMware vRealize Operations 2017 Specialist 2VB-602学習材料は非常に大きな改善を有するように、あなたが簡単に明確かつ優れた選択肢で提供します。
弊社のVMware vRealize Operations 2017 Specialist 2VB-602参考書はあなたがこの非常に専門的な試験に直面する準備ができようにする保証するためにあなたの全体をカバーし、良質の試験情報を提供します。

2VB-602無料サンプルをご参照ください

1.What are three actions that are managed in the Policies section of vRealize Operations? (Choose
three.)
A. Modify the CPU demand value in a custom profile
B. Modify the level above which the Faults badge will be read
C. Determine which resources are included in workload calculations
D. Set the virtual CPU to physical CPU overcommit ratio to use in capacity calculations
E. Enable the calculation of capacity metrics and badges
Answer: C,D,E

2.Which out of the box Profile VM size can be used in a capacity project? (Choose the best answer.)
A. Small
B. Medium
C. Average
D. Large
Answer: C

試験番号:2VB-602
試験名称:VMware Specialist: vRealize Operations 2017 Exam
所要時間:105分
関連バッジ:VMware vRealize Operations 2017スペシャリストバッジ
質問数:60
試験製品:vオペレーション6.2から6.5を実現する
合格点:300
推奨トレーニング:VMware vRealize Operations Manager:インストール、設定、管理[V6.6]
検証済み:vRealizeオペレーション6.2?6.5
試験価格:$ 125米ド
試験言語:英語

試験セクション:

セクション1 - v Operations Managerユーザーインターフェイスの有効化
目標1.1 - 在庫ツリー
目標1.2 - ダッシュボードナビゲーション
目標1.3 - 環境ページ
セクション2 - v Operations Managerの概念の実現
目的2.1 - vRealize Operations Managerでデータを収集し分析する方法を説明する
セクション3 - システムの正常性の問題のトラブルシューティング
目的3.1 - ビューを使用して環境に関する情報を収集する
目的3.2 - オペレーションバッジのvRealizeの議論
目的3.3 - ダッシュボードによるシステムの健康問題のトラブルシューティングのプロセスについて話し合う
目標3.4 - アラート、症状、および推奨事項によるシステムの健康問題のトラブルシューティング
目標3.5 - 自動アクションフレームワークの議論
セクション4 - キャパシティプランニング
目標4.1 - キャパシティプランニングモデルの検討
目標4.2 - 環境における能力リスクを評価する
目標4.3 - リスクと効率の問題のトラブルシューティング
目標4.4 - 環境における資源利用を最適化する方法を特定する
目標4.5 - what-ifシナリオを実行するためにプロジェクトを使用する
セクション5 - タグ、アプリケーショングループ、カスタムオブジェクトグループ
目的5.1 - タグとアプリケーションを使用してオブジェクトをグループ化する
目標5.2 - 環境内にカスタムグループとCDCを作成する
セクション6 - ポリシー
目標6.1 - ポリシーコンポーネントとポリシーで変更可能なものを理解する
目的6.2 - 意図的に省略
目標6.3 - ポリシーの継承がどのように機能するかを説明する
セクション7 - インテリジェントワークロードの配置
目標7.1 - ワークロードの配置を使用して環境全体のワークロードを再調整する
目標7.2 - ワークロードの配置から利益を得るシナリオを特定する
セクション8 - カスタムアラート
目標8.1 - 症状定義を作成する
目的8.2 - 勧告を作成し、行動を使用する
目標8.3 - 通知を作成する
目標8.4 - アラート定義を作成する
セクション9 - カスタムビューとレポート
目標9.1 - さまざまなタイプのビューを説明する
目標9.2 - ビューを作成する
目標9.3 - レポートを作成する
セクション10 - カスタムダッシュボード
目標10.1 - カスタムダッシュボードの作成
目標10.2 - ウィジェットとウィジェットのやり取りを設定する
目標10.3 - ダッシュボードのナビゲーションを構成する
目標10.4 - ダッシュボードの管理
セクション11 - スーパーメトリック
目標11.1 - スーパーメトリックを作成する
セクション12 - ユーザアクセス制御
目標12.1 - ローカルユーザーとユーザーグループを作成する
目標12.2 - ローカルユーザーとグループに役割を割り当てる
目標12.3 - LDAPソースからユーザーとユーザーグループをインポートする
セクション13 - オペレーティングシステムとアプリケーションの監視
目標13.1 - EPOpsオペレーティングシステムとアプリケーション監視の導入
目標13.2 - オペレーティングシステムとアプリケーションを監視する
セクション14 - 管理パック
目標14.1 - 管理パックのコンポーネントとそれらが提供する価値を記述する
(拡張性)
目標14.2 - 管理パックをインストールして構成する
セクション15 - アーキテクチャ、スケーラビリティ、および可用性
目標15.1 - vRealize Operations Managerノードのコンポーネントを記述する
目標15.2 - vRealize Operations Managerクラスタでの役割の説明
目標15.3 - スケーラビリティと可用性を達成するためにノードのコンポーネントがどのように相互作用するかを説明する
セクション16 - vRealize Operations Managerの導入
目標16.1 - vRealize Operations Managerクラスタのサイズを決定する方法
目標16.2 - vRealize Operations Managerクラスタのインストールと構成
目標16.3 - vRealize Operations Managerクラスタの監視と管理

弊社のVMware vRealize Operations 2017 Specialist 2VB-602試験問題を解決するための能力を向上させ、あなたの仕事の満足度を向上させるための技術の継続的な発展を活用するのに役立つです。
弊社のVMware vRealize Operations 2017 Specialist 2VB-602参考資料はIT認定試験の準備に使用することができるだけでなく、自分のスキルを向上させるためのツールとして使えることもできます。
弊社のVMware vRealize Operations 2017 Specialist 2VB-602練習問題集の命中率がからり高くになり、試験内容を覆い、カバー率が97%以上に達することを保証します。







nice!(0)  コメント(0) 

210-451問題集、210-451認定試験、210-451試験資料、210-451勉強材料 [Cisco]

Cisco CCNA Cloud 210-451試験に関連する知識を一生懸命習得することがただ一つの方法です。
TestpassportのCisco CCNA Cloud 210-451問題集はあなたの成功に正確に存在します。
弊社のCisco CCNA Cloud 210-451勉強材料は最も包括的かつ最高速度によって更新のために有名です。
弊社のCisco CCNA Cloud 210-451勉強問題集は君の20時間だけかかります。
弊社のCisco CCNA Cloud 210-451試験資料は認定試験に参加する候補者のそれぞれのために絶対に合理的かつ適切です。

Understanding Cisco Cloud Fundamentals

試験番号:210-451
関連資格:CCNA Cloud
試験時間:90 分 (55 - 65 問)
試験言語:英語
試験登録:Pearson VUE

ビジネス成果の向上に取り組む中で、俊敏性、柔軟性、および効率を高めるためにクラウドを採用する企業が増えています。すでに大多数の企業が SaaS サービスを利用しており、2018 年までにワークロードの 78 % がクラウドで処理されるようになると予想されています。

Cisco CCNA Cloud 210-451試験では、シスコ クラウド ソリューションの知識が評価されます。評価される知識には次が含まれます:
DC の基礎、UC、UF、ストレージ、仮想化、およびネットワーク サービスの基本、Windows Server と Linux OS、リモート接続/VPN ソリューション、設計の文書化、システムの構築、設定、およびサポートの手順。

Testpassport成功例:

210-451合格
今日210-451試験を受けて、合格しました。経験がなくてもこの本があれば合格できると思います。アフターサービスの担当者の言う通り、内容をすべて暗記すればokです。お教え いただき、助かりました。 ありがとうございました。

210-451合格
実際にこの210-451テキストだけを使用して合格しました。試験対策としては完璧です。ほぼ出題されました。ありがとうございました。

いつもあなたに最高のCisco CCNA Cloud 210-451認定試験に関連する試験参考書を与えられるために、常に問題集の質を改善し、ずっと最新の試験のシラバスに応じて問題集を更新しています。Testpassportはあなたにとって最も正確な選択です。
どのようにすれば効率的にCisco CCNA Cloud 210-451認定試験の準備をして一回で試験に合格できるのかということです。
弊社のCisco CCNA Cloud 210-451勉強資料を購入してもっともはやく正確に試験に関する情報を手に入れます。
最新の210-451練習問題集を提供し、210-451無料サンプルをダウンロードできます。

1.Which description of the elasticity of a Cloud-based infrastructure is true?
A. provides dynamic on-demand provisioning of services in near real time
B. enables sharing of resources and costs across a large pool of users
C. multisite architecture to reduce impact from outages in any one site
D. provides a security posture that is manageable from a single point of control
Answer: A

2.Which characteristic is an inoperative attribute of a private Cloud deployment?
A. self service and on demand
B. shared by many companies
C. highly scalable
D. metered for reporting or billing purposes
Answer: B

3.Which option is one essential characteristic of Cloud computing?
A. It must use virtualization.
B. It must provide load balancing services.
C. It must provide on-demand self-service.
D. It must run on open source software.
Answer: C

4.What are the five specific characteristics common to the Cloud environments?
A. on-demand usage, ubiquitous access, multi-tenancy, measured usage, resiliency
B. on-demand usage, ubiquitous access, tiered-tenancy, measured usage, resiliency
C. on-demand usage, autonomous access, multi-tenancy, measured usage, resiliency
D. dynamic usage, ubiquitous access, multi-tenancy, measured usage, resiliency
Answer: A

5.Which best describes a SaaS Cloud model?
A. infrastructure that presents the user with an operating system allowing programming language
execution environment for testing database and web servers
B. infrastructure that virtualizes server functions on a hypervisor
C. infrastructure that provides elastic storage and computing resources
D. a platform that provides access to application software or database resources
Answer: D




nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。