So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

最高のEMCIE資格E20-393トレーニング教材である必要があります [EMC]

EMCIE認定は、EMC Unityシステムのインストール、構成、および管理を含む主要な製品関連アクティビティの候補者の知識を検証します。 UnityVSAおよびスナップショットや複製などの製品機能についても説明します。
E20-393試験は、Implementation Engineer(EMCIE)、Unity Solutions Specialistの資格試験です。
EMCIE資格E20-393試験では、候補者のEMC UnityシステムとUnityVSAのインストール、設定、管理に関する知識がテストされます。 EMCIE資格E20-393試験では、ブロックおよびファイルストレージのスナップショットやレプリケーションなど、主要な製品機能に関する候補者の知識もテストされます。
TestpassportはEMCIE資格E20-393認定試験の情報源を提供するための最良のウェブサイトであることが証明されています。
受験者のために、短時間でEMCIE資格E20-393試験に十分に準備させることができます。
弊社のEMCIE資格E20-393問題集を使用すれば、すぐに多くの知識を習得するだけでなく、元の知識を統合することはできます。
受験者に提供することにより、お客様が一度目のEMCIE資格E20-393試験でパスすることを保障いたします。
弊社のEMCIE資格E20-393受験対策は試験によっては、関連分野も出題される内容を習得できます。

Dell EMCは無料の練習テストを提供して、EMCIE資格E20-393試験準備のための知識を評価します。
EMCIE資格E20-393練習テストでは、監督された試験で見つかるトピックや質問のタイプに精通することができます。
EMCIE資格E20-393練習テストの結果は、あなたが監督された試験のためにどのように準備されているかの1つの指標を提供し、さらに勉強して訓練する必要があるトピックを強調表示することができます。
EMCIE資格E20-393練習テストの合格点は、認定試験の合格点を保証するものではありません。

E20-393試験概要:

試験番号:E20-393
試験名称: Unity Solutions Specialist Exam for Implementation Engineers
問題数:60
試験時間:90
合格率:63%
対応資格:EMCIE

EMCIE資格E20-393試験でカバーされる可能性のあるトピックは次のとおりです。

ユニティファンダメンタルズ(6%)
UnityのさまざまなUnityソリューションと主要なユースケースを特定する
プラットフォーム
Unityのアーキテクチャ、機能、および管理オプションについて説明する

Unityハードウェアの基礎(6%)
Unityのモデル、容量、およびハードウェアコンポーネントを記述する
ユニティブートプロセスとボールトからフラッシュプロセスを説明する

Unityの実装と設定(10%)
ブロックおよびファイルストレージのプロビジョニングの説明
システム設定とストレージ機能を構成する方法を説明する
データ保護ソリューションを構成する方法を説明する

統一管理と管理(10%)
UnisphereでUnityストレージを監視する方法を特定する
プロビジョニングされたストレージの管理方法を説明する
高度なストレージ機能を構成する方法を説明する

ユニティスナップショット(14%)
ユニティスナップショット機能の説明
ブロックスナップショットとファイルスナップショットを作成する方法を説明する
ブロックスナップショットとファイルスナップショットを作成する方法を説明する

ユニティレプリケーション(10%)
同期および非同期レプリケーション操作の説明とブロックおよびファイルストレージの機能
ブロックストレージ用の同期レプリケーションセッションを作成する方法を説明する
ブロックおよびファイルストレージの非同期レプリケーションの作成方法を説明す

UnityVSAのインストールと操作理論(24%)
UnityVSAの機能、ライセンスおよびサポートモデル、および
UnityVSAソフトウェア定義のストレージソリューション
UnityVSAの初期化プロセスと、UnityVSA
UnityVSAの展開および設定手順の説明

Unity基本メンテナンス(10%)
基本的なUnityメンテナンス活動の特定と説明

Unityのインストールと初期設定(10%)
接続ユーティリティを使用してUnityストレージシステムをどのように説明するか
InitCLIツールが初期化されました
初期構成ウィザードで基本設定を構成する
EMCセキュアリモートサービスバーチャルエディションアーキテクチャの説明
とそのオプション

弊社のEMCIE資格E20-393勉強資料を使用すると、簡単に試験に合格するのを助けることができます。最高のEMCIE資格E20-393トレーニング教材である必要があります。
弊社のEMCIE資格E20-393試験資料は、ほぼ実際の試験のようなものです。
最高で最新なEMCIE資格E20-393受験対策も一年間に更新いたします。
無料でEMCIE資格E20-393デモをダウンロードしてください。

1.Which Unity feature provides a high bandwidth connection for large file transfers, enables proactive
Service Request generation and usage license reporting, and operates on a 24x7 basis?
A. EMC Service Center
B. Software Licensing Central
C. Unisphere Central
D. EMC Secure Remote Services
Answer: D

2.How is encryption set for a Unity storage system?
A. Clicking the "Mode" checkbox on the Manage Encryption page
B. Selecting "Status' on the Manage Encryption page
C. Automatically set at the factory
D. First time the license is applied
Answer: D

3.When defining which resources on the destination system the replicated item will use for an
asynchronous session, which settings must be provided?
A. Replication Mode, RPO, and Replicate To
B. Name, Pool, and Storage Processor
C. Ethernet Port, Subnet/Prefix Length, and Gateway
D. Management IP Address, User Name, and Password
Answer: A

4.When the LUN Snapshot Attach to Host operation is performed, what does theUnity system optionally
do before beginning the attach process?
A. Creates a snapshot of the LUN
B. Detaches the host from the snapshots of any other LUN
C. Creates a copy of the snapshot
D. Deletes all other existing snapshots of the LUN
Answer: C

5.On which systems is Quality of Service available?
A. Physical Unity systems only
B. UnityVSA systems only
C. Physical Unity and UnityVSA systems
D. All Flash Unity systems only
Answer: D





RedHat RHCSA EX200勉強資料を使えば、楽に困難のEX200試験に合格することができます

今の競争の激しいIT業界ではRedHat RHCSA EX200試験にパスした方はメリットがおおくなります。
RedHat RHCSA EX200認定試験に合格するという夢を叶えるための存在です。
RedHat RHCSA EX200試験と、ここに記載の試験内容は、Red Hat[レジスタードトレードマーク] Enterprise Linux 7 に対応しています。
実技ベースの RHCSA 認定試験 (EX200) では、幅広い環境およびデプロイシナリオに共通するシステム管理分野の知識とスキルをテストします。
Red Hat 認定エンジニア (RHCE[レジスタードトレードマーク]) 認定を取得するには、RHCSA 認定を取得している必要があります。
Testpassportは良いRedHat RHCSA EX200問題集を提供してあげることを感謝すべきです。
弊社のRedHat RHCSA EX200試験資料の選択は必ずしも絶対な幸福をもたらさないかもしれませんが、あなたに変化のチャンスを与えます。

RHCSA 認定の取得を目指す IT プロフェッショナルは、Red Hat Enterprise Linux 環境で求められる基本のシステム管理スキルが身に付いていることを実証する必要があります。
RedHat RHCSA EX200試験でテストされるスキルは、すべての Red Hat 製品におけるシステム管理の基礎です。

RedHat RHCSA EX200試験のための学習ポイント
Red Hat は、試験の内容を追加、変更、削除する権利を保持します。変更する場合は事前にこのドキュメントでお知らせいたします。
RHCSA 認定試験の受験者は、下記の作業を 1 人で実行できる必要があります。タスクはカテゴリごとにまとめられています。

基本的なツールの理解と使用
シェルプロンプトにアクセスして正しい構文でコマンドを発行する
I/O リダイレクトを使用する (>、>>、|、2> など)
grep と正規表現を使用してテキストを分析する
ssh を使用してリモートシステムにアクセスする
ログインしてマルチユーザーターゲットでユーザーを切り替える
tar、stargzip、および bzip2 を使用してファイルをアーカイブ、圧縮、展開、および解凍する
テキストファイルを作成および編集する
ファイルとディレクトリを作成、削除、コピー、および移動する
ハードリンクとソフトリンクを作成する
標準 ugo/rwx アクセス権を一覧表示、設定、および変更する
man、info、および /usr/share/doc のファイルを含むシステムドキュメントを検出、読み取り、および使用する
注意: Red Hat では、受験者の能力が試験の内容に適合するかどうかを評価するため、Red Hat Enterprise Linux に含まれていないアプリケーションを試験時に使用する場合があります。

稼働しているシステムの運用
システムを通常どおりにブート、リブート、およびシャットダウンする
システムを手動で異なるターゲットでブートする
システムにアクセスするためにブートプロセスを中断する
CPU/メモリーに負担をかけているプロセスを特定し、renice コマンドを使用してプロセスの優先度を調整し、プロセスを強制終了する
システムログファイルおよびジャーナルを見つけて解釈する
仮想マシンのコンソールにアクセスする
仮想マシンを起動および停止する
ネットワークサービスのステータスを起動、停止、およびチェックする
システム間でファイルを安全に転送する
ローカルストレージの設定
MBR および GPT ディスクのパーティションを表示、作成、削除する
物理ボリュームを作成および削除し、物理ボリュームをボリュームグループに割り当て、論理ボリュームを作成および削除する
システムを設定してファイルシステムをブート時に Universally Unique ID (UUID) またはラベルでマウントする
新規のパーティションと論理ボリュームを追加し、非破壊的にシステムにスワップする
ファイルシステムの作成と設定
vfat、ext4、および xfs ファィルシステムを作成、マウント、マウント解除、および使用する
CIFS および NFS のネットワークファイルシステムをマウントおよびマウント解除する
既存の論理ボリュームを拡張する
コラボレーション用に set-GID ディレクトリを作成および設定する
アクセス制御リスト (ACL) を作成および管理する
ファイルのアクセス権限の問題を診断および修正する
システムの導入、設定、および保守
ネットワークおよびホスト名の解決を静的または動的に設定する
at および cron を使用してタスクをスケジュールする
サービスの起動と停止、およびブート時に自動的に起動するサービスの設定を行う
自動的に特定のターゲットでブートするようにシステムを設定する
kickstart を使用して Red Hat Enterprise Linux を自動的にインストールする
仮想ゲストをホストするように物理マシンを設定する
Red Hat Enterprise Linux システムを仮想ゲストでインストールする
ブート時に仮想マシンを起動するようにシステムを設定する
ブート時に自動的に起動されるようにネットワークサービスを設定する
タイムサービスを使用するようにシステムを設定する
Red Hat ネットワーク、リモートレポジトリ、またはローカルファイルシステムからソフトウェアパッケージをインストールおよび更新する
カーネルパッケージを適切に更新してシステムがブート可能なことを確認する
システムブートローダを変更する
ユーザーとグループの管理
ローカルユーザーのアカウントを作成、削除、および修正する
ローカルユーザーアカウントのパスワードを変更し、パスワードエージングを調整する
ローカルグループおよびグループメンバーシップを作成、削除、および変更する
ユーザーとグループの情報に関して既存の認証サービスを使用するようにシステムを設定する
セキュリティの管理
firewall-config、firewall-cmd、または iptables を使用してファイアウォールを設定する
SSH の鍵ベースの認証を設定する
SELinux の enforcing モードと permissive モードを設定する
SELinux ファイルとプロセスコンテキストを一覧表示および特定する
デフォルトのファイルコンテキストをリストアする
boolean 設定を使用してシステム SELinux 設定を変更する
繰り返される SELinux ポリシー違反について診断および対応する

弊社のRedHat RHCSA EX200受験資料を提供するだけでなく、一年の無料アップデートになっています。
弊社のRedHat RHCSA EX200勉強資料を使えば、楽に困難のEX200試験に合格することができます。
RedHat RHCSA EX200問題と解答を利用する限り、あなたがきっと気楽に試験に合格することを保証します。

1.CORET X
Configure yoHstName, IPAdres, Gatwynd DNS.
Host name:stion.dma40expl.com
/etcsyonfig/etwork
hostname=bc.o
hostname bc.o
IP Adres:172.40/
Gatewy172.40
DNS:172.40
Answer:
# cd/etsyofig/network-scipt/
# ls
# vimfcg-eth0 (Configure IPAds,Gatewy ndDNS)IPAR=172.40
GATEWY=172.40
DNS1=72.40
# vim/etcsyonfig/etwork
(Configure HostName)
HOSTNAME= staion.dm40exapl.com
OR
Graphicl Interfacs:
System->Prfnce->Ntwork Cnectios (Cnfigure IPAds,Gatewy ndDNS) Vim
/etcsyonfig/etwork
(Configure HostName)

2.CORET X
Ad 3user:hay, ntshaom.
The rquimnts: TheAditonal grupofthe wusr:hay, Ntshaie dmngroup. Thesr:
tom's lginhesould beno-itracve.
Answer:
# userad-G minhary
# userad-G minatsh
# userad- /sbinolg tm
# idhary; Ntsha(Sow ditnalgroup)
# cat/epswd
(Show telginsh)
OR
# sytem-config user

3.CORET X
Creat clogunder /homnaed is.Itrepciv groupis eqtdobh amingroup.
The groupse cldranwite, hloruse anotlwed acsit.The filscreatd by
user fomthesa groupshld aobethdmin group.
Answer:
# cd/home
# mkdirans /
# chown.admi s/
# chmod70 ains/
# chmodg+s amin/



VCP6-CMA認定2V0-631勉強資料は特別に設計されています

VCP6-CMA認定は、データセンター内の主要なプロセスを自動化する能力を検証し、vRealize Automationを反復可能でスケーラブルな方法で活用することで、効率と生産性が向上します。
VCP6-CMA認定を取得するには、2V0-631試験に合格する必要があります。
VCP6-CMA認定2V0-631試験では、受験者のIT専門的な知識を検査する権威のテストです。
実践に役立つ知識とスキルを身に付けて、 VCP6-CMA認定2V0-631試験知識をビジネスに活かして頂く方をTestpassportは応援します。
弊社のVCP6-CMA認定2V0-631問題集を使用すると、チームが実行するより複雑な日常業務を簡素化および標準化し、組織内の信頼性と価値を高めることができます。
弊社のVCP6-CMA認定2V0-631勉強資料はもっと正確に実際問題の範囲を絞ることができます。

2V0-631試験概要:

試験番号:2V0-631
試験名称:VMware Certified Professional 6 – Cloud Management and Automation Exam
所要時間(分):120
関連する認証:VCP6-CMA
質問数:85
試験製品:vRealize Suite
合格点:300
推奨トレーニング:VMware vRealize Automation:インストール、設定、管理[V6.2]
検証済み:vRealize Suite
試験価格:250米ドル、価格の詳細
試験言語:英語日本語
最初の利用可能なアポイントメント:2015年8月30日
フォーマット:単一および複数選択、プロクタード
試験の情報最終更新日:2016年1月28日
VCP6-CMA認定2V0-631の受験料は高くなり、もし、失敗したら、高いVCP6-CMA認定2V0-631受験料だけでなく、たくさんの精力もかかります。

弊社のVCP6-CMA認定2V0-631勉強資料は特別に設計されています。
最もよい世界的なVCP6-CMA認定2V0-631問題集は、あまりにも多くの変数との生活の中で未知の誘惑されています。
弊社のVCP6-CMA認定2V0-631参考書を勉強したら、あなたは事前に実際の試験を感じることができます。
Testpassportのことに興味があったらネットで提供したVCP6-CMA認定2V0-631部分資料をダウンロードしてください。

1.The Goal Navigator assists administrators in which two ways? (Choose two.)
A. Lists all the steps to complete the tasks.
B. Lists all the prerequisites to complete the task.
C. Validates that a task has been successfully completed.
D. Provides details on how to complete the forms for a task.
Answer: A, B

2.How can an administrator make a commonly used development environment available for end-users to
deploy?
A. Use vCenter Server templates to deploy the virtual machines needed for the service.
B. Use the Service Catalog to publish the virtual machines needed for the service.
C. Use the vCloud Connector to deploy the virtual machines needed for the service.
D. Use vRealize Application Services to deploy the virtual machines needed for the service.
Answer: B

3.Senior IT leadership wants information to help determine workload placement and tradeoffs between
buying new hardware or using a public cloud provider.
What VMware product provides that information?
A. vRealize Business
B. vCenter Chargeback
C. vCenter Configuration Manager
D. vRealize Operations
Answer: A

4.What vRealize Automation feature uses a library of standard components, or services, to automate and
manage the update life cycle of deployments?
A. Application Services
B. Service Catalog
C. Orchestrator
D. Advanced Service Designer
Answer: A

5.An administrator needs to account for the daily cost of operating a virtual machine as well as the cost of
the software deployed on the virtual machine.
What action should the administrator take in vRealize Automation to provide the needed information?
A. Assign a Blueprint Cost to the virtual machine blueprint.
B. Assign a vRealize Business Operation Cost to the virtual machine blueprint.
C. Assign a Daily Compute Cost to the virtual machine blueprint.
D. Assign a vRealize Business Usage Cost to the virtual machine blueprint.
Answer: A



C2090-610過去問を購入してもっともはやく正確に試験に関する情報を手に入れます [IBM]

最近最も人気があるIBM Certified Database Administrator C2090-610認定試験の認証資格を既に取りましたか。
安全にTestpassportによって提供されたIBM Certified Database Administrator C2090-610問題集を使用します。
Testpassportは毎日異なる受験生に様々なIBM Certified Database Administrator C2090-610トレーニング資料を提供します。
最も包括的で有名なIBM Certified Database Administrator C2090-610受験対策は最高速度により更新です。
もし、IBM Certified Database Administrator C2090-610試験で落ちれば問題集の費用を返金いたします。
高品質のIBM Certified Database Administrator C2090-610試験材料を提供することを約束し、C2090-610試験に合格する必要があることを知っています。

C2090-610試験概要:

試験番号:C2090-610
試験名称: DB2 10.1 Fundamentals
問題数:69
試験時間:90
合格率:66%
試験言語:英語日本語
対応資格:
IBM Certified Application Developer - DB2 9.7 for Linux, Unix and Windows
IBM Certified Database Administrator - DB2 10 for z/OS
IBM Certified Database Administrator - DB2 9.7 for Linux, Unix and Windows
IBM Certified Solution Developer - DB2 9.7 SQL Procedure
IBM Certified Advanced Database Administrator - DB2 9.7 for Linux, UNIX and Windows
IBM Certified Advanced Database Administrator - DB2 10.1 for Linux UNIX and Windows
IBM Certified Database Associate - DB2 10.1 Fundamentals
IBM Certified Database Administrator - DB2 10.1 for Linux, UNIX, and Windows
IBM Certified Database Administrator - DB2 11 DBA for z/OS
IBM Certified Database Administrator - DB2 10.5 DBA for LUW Upgrade from DB2 10.1
IBM Certified System Administrator - DB2 10 for z/OS
IBM Certified System Administrator - DB2 11 for z/OS

このデータベースアソシエート認定は、DB2ファミリー製品のユーザーのための入門レベルの試験です。 この個人は、実地体験または正式および非公式の教育を通してDB2 10.1の基本的な概念について知識があります。 データベース・アソシエイトは、日々の管理、基本的なSQL(Structured Query Language)に必要な基本的な中間タスク、DB2 10.1で使用できる追加製品を理解し、データベースとデータベースを作成する方法を理解している必要があります データベースセキュリティとトランザクション分離に関する基本的な知識を持っています。

弊社のIBM Certified Database Administrator C2090-610( DB2 10.1 Fundamentals)受験対策は候補者のニーズを満たすために自分自身の専門の心と経験を使用しています。
弊社のIBM Certified Database Administrator C2090-610過去問を購入してもっともはやく正確に試験に関する情報を手に入れます。
TestpassportはIBM Certified Database Administrator C2090-610試験に出る可能性がある新しい種類の問題について、最新版の問題集には全部含まれています。

次に、IBM Certified Database Administrator C2090-610試験の一般的な出題内容を示します。 ただし、IBM Certified Database Administrator C2090-610試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。IBM Certified Database Administrator C2090-610試験内容をより適切に反映させ、明確にするために、次のガイドラインは事前の通告なく変更されることがあります。

Section 1 - Planning (10%)
Section 2 - Security (15%)
Section 3 - Working with Databases and Database Objects (20%)
Section 4 - Working with DB2 Data using SQL (20%)
Section 5 - Working with DB2 Tables, Views and Indexes (22%)
Section 6 - Data Concurrency (13%)

弊社のIBM Certified Database Administrator C2090-610試験合格率は信じられないほど高いです。
下記はIBM Certified Database Administrator C2090-610試験問題と解答です。

1.If the following command is executed: CREATE DATABASE test What is the page size (in kilobytes) of
the database?
A. 4
B. 8
C. 16
D. 32
Answer: A

2.Given the following DDL statement: CREATE TABLE sales (item CHAR(20)); If a DBA wishes to
increase the size of the ITEM column, which SQL statement needs to be used?
A. ALTER TABLE sales ADD COLUMN item CHAR(40);
B. ALTER TABLE sales ALTER COLUMN item CHAR(40);
C. ALTER TABLE sales MODIFY COLUMN item CHAR(40);
D. ALTER TABLE sales ALTER COLUMN item SET DATA TYPE CHAR(40);
Answer: D

3.Which DB2 object can be used to improve the execution performance of qualified SELECT statements?
A. Trigger
B. SQL Procedure
C. Sequence Object
D. Materialized Query Table
Answer: D

4.Which clause should be included in a ALTER TABLE statement to update a table definition with a new
column?
A. ADD COLUMN
B. ALTER COLUMN
C. APPEND COLUMN
D. RENAME COLUMN
Answer: A

5.Which object is a stored procedure defined into?
A. Table
B. Schema
C. Package
D. Database
Answer: B


210-060学習材料を勉強したら、高い技能を身につけていることも証明できます [Cisco]

Cisco CCNA Collaboration 認定は、音声、ビデオ、データ、およびモバイル アプリケーションの統合に伴い、コラボレーションおよびビデオに関するスキルを習得、向上を希望するネットワーク ビデオ エンジニア、IP テレフォニー エンジニア、および IP ネットワーク エンジニア向けの実務を意識したトレーニングおよび認定プログラムです。
210-060試験概要:
試験番号:210-060 CICD
試験名称:Implementing Cisco Collaboration Devices
関連資格:CCNA Collaboration
試験時間:75 分 (55 - 65 問)
試験言語:英語
試験登録:Pearson VUE
TestpassportのCisco CCNA Collaboration 210-060問題集が受験者は高額教育活動にわざわざ参加する必要がなく、ただ10時間か20時間の気楽に一連の準備、勉強記憶及び模擬テストだけで、受験できます。
受験者が今使っている問題集は多く本場の試験で実験を受けされて、合格率は100%を確認してから弊社のCisco CCNA Collaboration 210-060勉強資料として販売します。
弊社のCisco CCNA Collaboration 210-060試験資料を使用すると、実際の210-060試験問題のすべてが含まれて、それだけでも試験に受かることができます。

Cisco CCNA Collaboration 210-060試験では、シスコ ユニファイド コミュニケーション(UC)ソリューションに関する受験者の知識をテストします。
Cisco CCNA Collaboration 210-060試験の受験者は、管理者インターフェイスおよびエンド ユーザ インターフェイス、テレフォニー機能およびモビリティ機能、Cisco UC ソリューションの保守に関する知識を問われます。

次に、Cisco CCNA Collaboration 210-060試験の一般的な出題内容を示します。 ただし、Cisco CCNA Collaboration 210-060試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。 Cisco CCNA Collaboration 210-060試験内容をより適切に反映させ、明確にするために、次のガイドラインは事前の通告なく変更されることがあります。
1.0 シスコ ユニファイド コミュニケーションソリューションの特性についての説明  16%
2.0 エンド ユーザと関連デバイスのプロビジョニング  24%
3.0 ボイス メッセージングおよびプレゼンスの設定  26%
4.0 シスコ ユニファイド コミュニケーションシステムの保守  10%
5.0 エンド ユーザ サポートの提供  24%

弊社のCisco CCNA Collaboration 210-060学習材料を勉強したら、高い技能を身につけていることも証明できます。
弊社のCisco CCNA Collaboration 210-060トレーニング資料を持っていたら、自信を持つようになります。
弊社のCisco CCNA Collaboration 210-060問題集を勉強したら、早く知識を把握することを可能にし、210-060試験で優れた結果を達成しました。




良質のJuniper JNCIS-ENT JN0-346試験情報を提供することはできます [Juniper]

JNCIS-ENT 試験の目標(試験:JN0-343 および JN0-346)
このリストでは、指定された認定資格試験に合格するうえで必要なスキル セットの概要について説明しています。リストにあるトピックは変更される場合があります。
レイヤー 2 スイッチングおよび VLAN
スパニング ツリー
レイヤー 2 セキュリティ
プロトコル非依存型ルーティング
オープン最短パス ファースト(OSPF)
Intermediate System to Intermediate System (IS-IS)
境界ゲートウェイ プロトコル(BGP)
トンネル
高可用性
TestpassportはJuniper JNCIS-ENT JN0-346試験に合格するように、最も有利な価格と最高のクオリティーを提供して差し上げます。
弊社のJuniper JNCIS-ENT JN0-346問題集の高い正確率を保証するために、問題集を絶えずに更新しています。
弊社のJuniper JNCIS-ENT JN0-346参考書を利用したら、あなたはもう最も良いJN0-346のトレーニング資料を見つけたのです。
弊社のJuniper JNCIS-ENT JN0-346試験材料を使用すると、IT業界でより良い発展を持つことになります。

JNCP(ジュニパーネットワークス認定資格プログラム)では、2016 年 3 月 15 日より JNCIS-ENT 認定資格を取得するための新しいオプションとして JN0-346 試験が追加されることをお知らせします。
JN0-346 試験におけるエンタープライズ スイッチングに関する項目は Junos ELS(Enhanced Layer 2 Software)に基づきます。

受験者が JNCIS-ENT 認定資格を取得するには、JN0-343 試験と JN0-346 試験のどちらか一方に合格する必要があります。両方に合格する必要はありません。
JN0-343 試験には ELS のトピックは含まれていませんが、JNCIS-ENT 認定資格を取得するためのオプションとして引き続き有効です。
JNCIS-ENT 認定資格取得のために合格した試験がどれであるかに関わらず、JNCIA-Junos 認定資格は引き続き前提条件となります。

JN0-346試験情報:
試験番号:JN0-346(注:受験者は、JN0-343 試験と JN0-346 試験のどちらか一方に合格する必要があります。両方合格する必要はありません。)
試験名称:エンタープライズ ルーティングおよびスイッチング、スペシャリスト(JNCIS-ENT)
注:エンタープライズ スイッチングに関する項目は、Junos Enhanced Layer 2 Software を含みます。
世界各地のピアソン VUE テスト センターで実施
試験の所要時間:90 分
試験形式:選択問題 65 問
合格/不合格ステータスは即時発表
前提となる認定資格:JNCIA-Junos

Juniper JNCIS-ENT JN0-346筆記試験は、Junos でのルーティングとスイッチングの実装に関して初級から中級の知識を持ち実務経験のあるネットワーク プロフェッショナル向けに設計されており、ルーティングおよびスイッチング技術とそれに関連するプラットフォーム構成の基礎知識、トラブルシューティング スキルを受験者が習得していることを確認するものです。

JNCIS-ENT 認定資格は 3 年間有効です。再認定を受けるには、JN0-343 試験または JN0-346 試験に合格する必要があります。

JN0-346出題内容の詳細は以下のとおりです。

レイヤー 2 スイッチングおよび VLAN
スパニング ツリー
レイヤー 2 セキュリティ
プロトコル非依存型ルーティング
オープン最短パス ファースト(OSPF)
中間システム - 中間システム(IS-IS)
境界ゲートウェイ プロトコル(BGP)
トンネル
高可用性

弊社のJuniper JNCIS-ENT JN0-346試験材料を繰り返すことで、知識を把握して試験に合格することができます。
良質のJuniper JNCIS-ENT JN0-346試験情報を提供することはできます。
常に最新のJuniper JNCIS-ENT JN0-346試験情報を得ることができることを意味します。
Juniper JNCIS-ENT JN0-346問題と答えを暗記しただけで、素人としても合格できます。





202-400問題集は多くの方面に分かれているので、しっかり専門知識などを学習しないと合格できないのです [LPI]

LPICレベル2認定に認定されるためには201試験と202試験に合格し、かつ、有意なレベル1認定を保有している必要があります。どの試験から受験しても構いません。
202-400受験のための実務経験や前提資格保有条件はありませんが、前提資格保有条件として、「有意なLPICレベル1」を保有している必要があります。
Testpassportは最先端のLPICレベル2認定202-400試験問題のすべてのタイプをカバーし、提供するすべての正解です。
お客様は初心者であれば、それとも自分の教育知識と専門技術を高めたければ、お客様の望ましい目標に段階的なLPICレベル2認定202-400トレーニングを提供します。
弊社のLPICレベル2認定202-400問題集は多くの方面に分かれているので、しっかり専門知識などを学習しないと合格できないのです。
信頼性が高い、確かな授権が保証されたLPICレベル2認定202-400勉強資料として、精度が高くて、一回で試験を通すように助けます。

202-400試験に合格するためには、以下の能力が必要です。

小規模から中規模のネットワークシステムを管理できること。
Linux、UNIX、Windowsが混在する小規模なネットワークの設計・運用・保守ができ、安定かつ安全な稼働を維持し、トラブルシューティングができること。なお、ネットワークには以下が含まれる。
- LAN サーバ (Samba、NFS、DNS、DHCP、クライアント管理)
- インターネット ゲートウェイ (ファイアウォール、VPN、SSH、Webキャッシュ / プロキシ、メール)
- インターネット サーバ (Webサーバおよびリバースプロキシ、FTP サーバ)
アシスタントを管理できること。
自動化および購入に関して管理者に助言できること。

LPICレベル2認定202-400試験の出題範囲には、以下のトピックが含まれます。
主題207:ドメインネームサーバ
207.1 DNSサーバの基本的な設定
207.2 DNSゾーンの作成と保守
207.3 DNSサーバを保護する

主題208:HTTPサービス
208.1 Apacheの基本的な設定
208.2 HTTPS向けのApacheの設定
208.3 キャッシュプロキシとしてのSquidの実装
208.4 WebサーバおよびリバースプロキシとしてのNginxの実装

主題209:ファイル共有
209.1 Sambaサーバの設定
209.2 NFSサーバの設定

主題210:ネットワーククライアントの管理
210.1 DHCPの設定
210.2 PAM認証
210.3 LDAPクライアントの利用方法
210.4 OpenLDAPサーバの設定

主題211:電子メールサービス
211.1 電子メールサーバの使用
211.2 電子メール配信を管理する
211.3 メールボックスアクセスを管理する

主題212:システムのセキュリティ
212.1 ルータを構成する
212.2 FTPサーバの保護
212.3 セキュアシェル (SSH)
212.4 セキュリティ業務
212.5 OpenVPN

短期の弊社の202-400試験資料を使用すれば、LPICレベル2関する専門の知識を身につけられることができます。
素晴らしいLPICレベル2認定202-400試験材料を提供するだけでなく、良いサービスも提供してあげます。
弊社のLPICレベル2認定202-400トレーニング資料は適用性が高いもので、本当にみなさんが良い成績を取ることを助けられるからです。
弊社のLPICレベル2認定202-400参考書は常にあなたはすぐにこの問題を解決することができます。
LPICレベル2認定202-400問題と解答をダウンロードする限り、気楽に試験に受かることができるようになります。

1.Select the TWO correct statements about the following excerpt from httpd.conf:
Order allow, deny Deny from all
A. The configuration will deny access to /var/web/dir1/private.html, /var/web/dirl/subdir2/private.html,
/var/web/dirl/subdir3/private.html and any other instance of private.html found under the
/var/web/dir1/directory.
B. The configuration will deny access to /var/web/dir1/private.html, but it will allow access to
/var/web/dirl/subdir2/private.htm1, for example.
C. The configuration will allow access to any file named private.html under /var/web/dir1, but it will deny
access to any other files
D. The configuration will allow access just to the file named private.html under /var/web/dir1
E. The configuration will allow access to /var/web/private.html, if it exists
Answer: A, E

2.Considering the following excerpt from the httpd.conf file, select the correct answer below:
AllowOverride AuthConfig Indexes
A. The Indexes directive in the excerpt allows the use of other index-related directives such as
DirectoryIndex
B. Both directives AuthConfig and Indexes found in the server's .htaccess file will be overridden by the
same directives found in the httpd.conf file
C. The AuthConfig used in the excerpt allows the use of other authentication-related directives such as
AuthType
D. The excerpt is incorrect, as the AllowOverride cannot be used with Indexes, since the latter cannot be
overridden
E. The excerpt is incorrect, because AllowOverride cannot be used inside a Location section
Answer: E

3.Which of the following lines in the Apache configuration file would allow only clients with a valid
certificate to access the website?
A. SSLCA conf/ca.crt
B. AuthType ssl
C. IfModule libexec/ssl.c
D. SSLRequire
E. SSLVerifyClient require
Answer: E

4.Which TWO of the following options are valid, in the /etc/exports file?
A. rw
B. ro
C. rootsquash
D. norootsquash
E. uid
Answer: A, B




Oracle Database 1Z0-066参考書は長い時間にわたってますます人気があるようになっています [Oracle]

安全にTestpassportによって提供されたOracle Database 1Z0-066問題集を使用します。
試験番号: 1Z0-066
試験名: Oracle Database 12c: Data Guard Administration
試験時間:150 minutes
出題数: 92
合格ライン:61% 合格ラインポリシー
追加情報:
不正行為に関するポリシー
再受験について
出題形式: Multiple-Choice
受験料(税抜き): 26600 円
対応資格:Oracle Certified Expert, Oracle Database 12c: Data Guard Administrator
TestpassportはOracle Database 1Z0-066試験準備の非常に高い精度を提供することができます。
TestpassportのOracle Database 1Z0-066問題集は高品質を知ることができ、一番良いものを選んだということも分かります。
弊社のOracle Database 1Z0-066(Oracle Database 12c: Data Guard Administration)試験資料は一年以内に無料でアップデート版を提供し、一回で合格することを保証いたします。
弊社のOracle Database 1Z0-066勉強資料は試験によっては、関連分野も出題される内容を習得できます。
弊社のOracle Database 1Z0-066参考書を使用すると、常に高いレベルに到達するための独自の知識を向上させています。

1Z0-066試験内容 チェックリスト:

Oracle Data Guard Basics
Creating a Physical Standby Database by Using Enterprise Manager Cloud Control
Managing Oracle Net Services in a Data Guard Environment
Creating a Physical Standby Database by Using SQL and RMAN Commands
Using Oracle Active Data Guard
Creating and Managing a Snapshot Standby Database
Creating a Logical Standby Database
Oracle Data Guard Broker Basics
Creating a Data Guard Broker Configuration
Monitoring a Data Guard Broker Configuration
Configuring Data Protection Modes
Performing Role Transitions
Using Flashback Database in a Data Guard Configuration
Enabling Fast-Start Failover
Backup and Recovery Considerations in an Oracle Data Guard Configuration
Patching and Upgrading Databases in a Data Guard Configuration
Optimizing a Data Guard Configuration

真実かつ信頼性の高いものだからこそ、Oracle Database 1Z0-066参考書は長い時間にわたってますます人気があるようになっています
最高で最新なOracle Database 1Z0-066問題集は一年間に更新いたします。
弊社のOracle Database 1Z0-066勉強資料はあなたの試験の準備についての進捗状況をテストするために利用することができます。
受験者は弊社の1Z0-066問題と答えをしっかり暗記して、初心者としても一発挑戦で試験に合格する事を保証できます。

1.Which two statements are true for Data Guard environments with multi-tenant databases?
A.DB_UNIQUE_NAME must be specified differently for each pluggable database within a multi-tenant
standby database.
B.Each pluggable database within a multi-tenant physical standby database has a minimum of one
associated Oracle Net service name.
C.Each pluggable database within a multi-tenant physical standby has one MRP background process
running during redo apply.
D.A pluggable database within a multi-tenant standby database can have a different open mode than the
container database
E.A pluggable database within a multi-tenant standby database can have a different database role than
the container database.
Answer: A, D

2.Your Data Guard environment has two remote physical standby databases
Client applications use the local naming method to connect to the primary database instance.
You want applications to automatically connect to the new primary database instance in case of a
switchover or a failover
Which will fulfill this requirement?
A.Create a database service on each standby database that is started automatically by a trigger, when the
database rote is PRIMARY, modify the connection description used by client applications to include all the
standby hosts and connect to the database instance using that service name.
B.Create a database service on the primary database that is started automatically by a trigger, when the
database role is PRIMARY, modify the connection descriptors used by client applications to include all the
standby hosts and connect to the database instance using that service name.
C.Set the INSTANCE_NAME parameter identically on all databases; modify the connection descriptor on
client applications to include all the standby hosts and connect to the database instance using that service
name.
D.Set the DB_NAME and DB_UNIQUE_NAME identical on all databases, modify the connection
descriptors on client applications to include all the standby hosts and connect to the database using that
service name.
Answer: A






CCDA資格200-310受験対策を選んで、多くの時間とエネルギーを節約こともできます [Cisco]

試験番号:200-310
試験名称:Designing for Cisco Internetwork Solutions
関連資格:CCDA
試験時間:75 分 (55 - 65 問)
試験言語:英語
試験登録:Pearson VUE
CCDA資格200-310試験には、シスコ エンタープライズ ネットワーク アーキテクチャ向けのネットワーク設計に関する基礎知識または入門知識が必要です。
TestpassportはCCDA資格200-310の受験者のための明確かつ優れたソリューションを提供しています。
弊社のCCDA資格200-310問題集を使用すると、常に高いレベルに到達するための独自の知識を向上させています。
もし、CCDA資格200-310試験に不合格になる場合があれば、全額返金することを保証いたします。
弊社のCCDA資格200-310受験対策を選んで、多くの時間とエネルギーを節約こともできます。
的中率が高くて高品質なCCDA資格200-310学習資料として、使用してから、もっと自信を持って認定合格になります。

Cisco Certified Design Associate (CCDA) 認定は、シスコ統合ネットワークの設計に関する知識を有することを証明します。
CCDA 認定200-310試験の受験者は、企業や組織において、SMB 向けの LAN/WAN テクノロジーや、エンタープライズ向けの基本的なキャンパス/ブランチ ネットワークを含む、ルーティング・スイッチング ネットワークのインフラストラクチャおよびサービスを設計することができます。

CCDA資格200-310出題内容の詳細は以下のとおりです:

1.0 設計方法論  15%
2.0 設計の目的  20%
3.0 既存のネットワークにおけるアドレッシングとルーティング プロトコル  20%
4.0 エンタープライズ ネットワークの設計  20%
5.0 既存のネットワークの拡張に関する考慮事項  25%

TestpassportはCCDA資格200-310試験合格に大きな助けのサイトです。
本場のCCDA資格200-310テストと非常に良く似ており、これらの問題の解答は全て標準指標になっています。
問題と回答の調査によると、Testpassportは効果的なCCNP Cloud 200-310試験の内容をキャプチャすることができます。

1.Which two statements about designing the Data Center Access layer are correct? (Choose two.)
A. Multiport NIC servers should each have their own IP address.
B. Layer 3 connectivity should never be used in the access layer.
C. Layer 2 connectivity is primarily implemented in the access layer.
D. Multiport NIC servers should never be used in the access layer.
E. Layer 2 clustering implementation requires servers to be Layer 2 adjacent.
Answer: C,E

2.An organization needs a WAN Transport technology that meets these criteria:
• has a low initial cost
• provides low-to-medium BW
• has medium-to-high latency and jitter
Which technology should the organization use?
A. DSL
B. X.25
C. ISDN
D. wireless
E. analog modem
Answer: A

3.Which two of these are scalability benefits of designing a network that utilizes VPNs? (Choose two.)
A. extends the network to remote users
B. allows networks to be set up and restructured quickly
C. reduces dial infrastructure expenditures
D. reduces the number of physical connections
E. simplifies the underlying structure of a customer WAN
Answer: D, E




VCP7-CMA資格2V0-731勉強資料は試験の最新バージョンを提供することを要求することもできます [VMware]

VCP7-CMA資格はIT業界で最も急成長している分野のひとつです。高いレベルでの知識に基づく、体系的な資格認定プログラムです。2V0-731認定試験は、一定のレベルに達していることの認定を受ければ、VCP7-CMA資格を取得できます。
2V0-731試験概要:
試験番号:2V0-731
試験名称:VMware Certified Professional 7 - Cloud Management and Automation Exam (VCP7-CMA)
所要時間:110
関連する認証:VCP7-CMA
質問数:85
試験製品:VCP7-CMA
合格点:300
推奨トレーニング:VMware vRealize Automation:インストール、設定、管理[7.0]
検証済み:VMware vRealize Automation 7
試験価格:$ 225米ドル、価格の詳細
試験の価格は2017年4月1日に変更されます。
試験言語:英語
最初の利用可能なアポイントメント:2016年12月1日
フォーマット:単一および複数選択、プロクタード
試験情報最終更新日:2016年12月1日
明日の成功のために、TestpassportのVCP7-CMA資格2V0-731試験資料を選択する権利があります。
Testpassportは絶対にあなたのVCP7-CMA資格2V0-731テストの準備の真の環境を与えています。
正式にVCP7-CMA資格2V0-731の検査の前に模擬試験も非常に効果的に必要です。
弊社のVCP7-CMA資格2V0-731問題集を使用すれば、実際の仕事で必要な専門知識で身につけることができます。
もし、VCP7-CMA資格2V0-731(VMware Certified Professional 7 - Cloud Management and Automation Exam (VCP7-CMA))の受験者は認証試験に関する学習資料をしっかり勉強して、成功することも簡単になります。
弊社のVCP7-CMA資格2V0-731勉強資料は試験の最新バージョンを提供することを要求することもできます。

VCP7-CMA資格2V0-731試験では、VMwarevRealize環境のインストール、設定、および管理に関するスキルと能力がテストされます。 下記のVCP7-CMA資格2V0-731試験トピックと目標を確認するか、試験ガイドをダウンロードしてください。
+ Section 1: Create and Modify vRealize Automation Blueprints
+ Section 2: Configure and Manage Tenants and Business Groups
+ Section 3: Install and Configure vRealize Automation and Related Components
+ Section 4: Configure and Manage the vRealize Automation Catalog
+ Section 5: Configure and Administer Fabric Groups and Endpoints
+ Section 6: Extend a vRealize Automation Implementation

弊社のVCP7-CMA資格2V0-731問題集を使うと、追求する勇気は素晴らしい人生で所有の生活のために準備して幸せと緩和されます。
弊社のVCP7-CMA資格2V0-731試験材料を使用することを選択した候補者の多くは、一度だけのための2V0-731認定試験に合格しています。
高品質のVCP7-CMA資格2V0-731試験材料を提供し、したがって、彼らは彼らの賃金と生活レベルが向上することができます。
Testpassportの2V0-731問題集を購入する前に、問題集の無料な2V0-731サンプルをダウンロードして試用してもいいです。

1.In the vRealize Orchestrator client, where can an administrator view the workflow and repair validation
errors?
A. Runtab in workflow editor
B. Validationtab in workflow editor
C. Workflowtab in workflow editor
D. Schematab in workflow editor
Answer: C

2.A user receives a submission page with a red exclamation when attempting to submit a request.
Which option best explains this behavior?
A. The approver has NOT approved the request.
B. The user exceeded the allowable resources for that request.
C. Actions have NOT been assigned to that item.
D. The user is NOT entitled to that resource.
Answer: B

3.Which two items are required for an administrator to successfully create a vSphere reservation?
(Choose two.)
A. A reservation policy
B. A business group
C. A compute resource
D. A network profile
Answer: A,D

4.What specific action must an administrator take before deleting an approval policy?
A. Deprecate the policy
B. Unpublish the policy
C. Deactivate the policy
D. Decomission the policy
Answer: C



前の10件 | -