So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

C2150-606学習材料は素晴らしい音質を持っている、最も信頼できる情報源になります [IBM]

IBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0認定は、Guardium管理者(データセキュリティおよび配備担当者)を対象としています。
IBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0認証は、IBM Security Guardiumデータ・アクティビティー・モニターV10.0、IBM Security Guardiumファイル・アクティビティー・モニターV10.0、およびIBM Security Guardium Vulnerability Assessment 10.0の製品に適用されます。
C2150-606試験の対応資格はIBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0です。
TestpassportのIBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0認定C2150-606問題集を使用すると、短期的に所望の結果を達成することができます。
弊社のIBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0認定C2150-606参考書を選択すると、自分の仕事を改善するために道路上に足を設定するためのITの従業員のための最初のステップです。
最新のIBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0認定C2150-606勉強資料はITの従業員を雇用する多くのよく知られているIT企業の基準となります。
弊社のIBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0認定C2150-606学習材料は素晴らしい音質を持っている、最も信頼できる情報源になります。

C2150-606試験概要:

試験番号:C2150-606
試験名称:IBM Security Guardium V10.0 Administration
問題数:55問
試験時間:90分
合格ライン:63%
試験言語:英語
対応資格:IBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0

IBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0認定C2150-606試験の管理者は、製品の機能と計画、インストールと構成、データの自己監視と監視、ポリシールールの定義、報告、保守、サポートに精通しています。
次に、C2150-606試験の一般的な出題内容を示します。 ただし、C2150-606試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。
IBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0認定C2150-606テストは6つのセクションで構成され、合計で約55の多項選択問題が含まれています。 各セクションのタイトルの後のパーセンテージは、セクション全体にわたる合計質問セットのおおよその分布を反映しています。

Section 1 - Product features and capabilities (16%)
Understand high-level components of a Guardium solution.
Describe the features and capabilities of Data Activity Monitoring (DAM) and File Activity Monitoring (FAM).
Describe the features and capabilities of Classification, Entitlement, and Vulnerability Assessment.
Use data level access control features (SGATE and Redaction).
Describe features and capabilities of available agents and modules (GIM, S-TAP, CAS, etc).

Section 2 - Planning, sizing and capacity (15%)
Identify the main factors that affect the volume of data managed by Guardium including backups and archives.
Plan appliance location architecture.
Understand properties of the systems to be monitored such as operating systems, databases, type of data and volume and their effects.
Plan strategy for high availability.
Calculate the number and type of appliances required based on Processor Value Unit (PVU) load.
Identify the system requirements of Guardium appliances.

Section 3 - Installation and configuration (25%)
Locate and download appropriate Guardium appliance and agent installers.
Build new collectors and aggregators.
Perform initial appliance setup and configuration.
Configure appliance data management processes and schedules.
Configure the appliance for interfacing with standard systems (mail, SNMP, LDAP, SIEM).
Manage the access of Guardium users.
Install Guardium Installation Manager (GIM) and upgrade agents and modules with GIM.
Install software tap (S-TAP) from command line.
Demonstrate detailed understanding of agent configuration and inspection engine parameters.

Section 4 - Data monitoring, policy rules and reporting (15%)
Perform a Vulnerability Assessment test.
Differentiate the effects of policy rules and associated actions.
Define and use monitoring features such as queries, reports, audit processes, and alerts.
Use Enterprise Search.

Section 5 - Self-monitoring and performance (15%)
Use Guardium self-monitoring reports and alerts.
Analyze and act upon errors or exceptions.
Identify and resolve appliance performance issues.
Optimize internal database tables to maintain performance.
Monitor and report on Guardium user activity.
Maintain a managed environment.

Section 6 - Maintenance and support (15%)
Use available IBM troubleshooting resources and services, for example, Knowledge Center, technotes and IBM Support.
Plan and install appliance patches and agent upgrades.
Collect diagnostic information and troubleshoot problems.
Use common Command Line Interface (CLI) and GrdAPI commands including support commands.
Restore data and configuration from backups and archives.

最新かつ最良のIBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0認定C2150-606練習問題を提供します。
受験者がC2150-606試験に合格するために、あなたがより良い明日得るのを助けることができます。
IBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0認定C2150-606過去問の購買を通じて、あなたはいつもより早く更新および検査に関するより正確な情報を得ることができます。





C2150-606練習問題を提供します [IBM]

IBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0認定は、Guardium管理者(データセキュリティおよび配備担当者)を対象としています。
IBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0認証は、IBM Security Guardiumデータ・アクティビティー・モニターV10.0、IBM Security Guardiumファイル・アクティビティー・モニターV10.0、およびIBM Security Guardium Vulnerability Assessment 10.0の製品に適用されます。
C2150-606試験の対応資格はIBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0です。
TestpassportのIBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0認定C2150-606問題集を使用すると、短期的に所望の結果を達成することができます。
弊社のIBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0認定C2150-606参考書を選択すると、自分の仕事を改善するために道路上に足を設定するためのITの従業員のための最初のステップです。
最新のIBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0認定C2150-606勉強資料はITの従業員を雇用する多くのよく知られているIT企業の基準となります。
弊社のIBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0認定C2150-606学習材料は素晴らしい音質を持っている、最も信頼できる情報源になります。

C2150-606試験概要:

試験番号:C2150-606
試験名称:IBM Security Guardium V10.0 Administration
問題数:55問
試験時間:90分
合格ライン:63%
試験言語:英語
対応資格:IBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0

IBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0認定C2150-606試験の管理者は、製品の機能と計画、インストールと構成、データの自己監視と監視、ポリシールールの定義、報告、保守、サポートに精通しています。
次に、C2150-606試験の一般的な出題内容を示します。 ただし、C2150-606試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。
IBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0認定C2150-606テストは6つのセクションで構成され、合計で約55の多項選択問題が含まれています。 各セクションのタイトルの後のパーセンテージは、セクション全体にわたる合計質問セットのおおよその分布を反映しています。

Section 1 - Product features and capabilities (16%)
Understand high-level components of a Guardium solution.
Describe the features and capabilities of Data Activity Monitoring (DAM) and File Activity Monitoring (FAM).
Describe the features and capabilities of Classification, Entitlement, and Vulnerability Assessment.
Use data level access control features (SGATE and Redaction).
Describe features and capabilities of available agents and modules (GIM, S-TAP, CAS, etc).

Section 2 - Planning, sizing and capacity (15%)
Identify the main factors that affect the volume of data managed by Guardium including backups and archives.
Plan appliance location architecture.
Understand properties of the systems to be monitored such as operating systems, databases, type of data and volume and their effects.
Plan strategy for high availability.
Calculate the number and type of appliances required based on Processor Value Unit (PVU) load.
Identify the system requirements of Guardium appliances.

Section 3 - Installation and configuration (25%)
Locate and download appropriate Guardium appliance and agent installers.
Build new collectors and aggregators.
Perform initial appliance setup and configuration.
Configure appliance data management processes and schedules.
Configure the appliance for interfacing with standard systems (mail, SNMP, LDAP, SIEM).
Manage the access of Guardium users.
Install Guardium Installation Manager (GIM) and upgrade agents and modules with GIM.
Install software tap (S-TAP) from command line.
Demonstrate detailed understanding of agent configuration and inspection engine parameters.

Section 4 - Data monitoring, policy rules and reporting (15%)
Perform a Vulnerability Assessment test.
Differentiate the effects of policy rules and associated actions.
Define and use monitoring features such as queries, reports, audit processes, and alerts.
Use Enterprise Search.

Section 5 - Self-monitoring and performance (15%)
Use Guardium self-monitoring reports and alerts.
Analyze and act upon errors or exceptions.
Identify and resolve appliance performance issues.
Optimize internal database tables to maintain performance.
Monitor and report on Guardium user activity.
Maintain a managed environment.

Section 6 - Maintenance and support (15%)
Use available IBM troubleshooting resources and services, for example, Knowledge Center, technotes and IBM Support.
Plan and install appliance patches and agent upgrades.
Collect diagnostic information and troubleshoot problems.
Use common Command Line Interface (CLI) and GrdAPI commands including support commands.
Restore data and configuration from backups and archives.

最新かつ最良のIBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0認定C2150-606練習問題を提供します。
受験者がC2150-606試験に合格するために、あなたがより良い明日得るのを助けることができます。
IBM Certified Administrator - Security Guardium V10.0認定C2150-606過去問の購買を通じて、あなたはいつもより早く更新および検査に関するより正確な情報を得ることができます。





CompTIA A+(220-901,220-902)激安コース 2 科目認定科目は激安コースを提供します [CompTIA]

CompTIA A+は、 「ポストPC時代」のITスキルを網羅した新しい認定資格です。時代に則した即戦力となるIT人材を効率的に輩出する効果的な認定資格として活用いただけます。
改訂CompTIA A+(試験番号:220-901/902)日本語試験は、2016年6月22日(水)より配信開始されています。
お客様はもっといいサービスを提供するために、Testpassport CompTIA A+(220-901,220-902)激安コース 2 科目認定科目は激安コースを提供します。
TestpassportのCompTIA A+(220-901,220-902)激安コース問題集を利用して、あなたは勉強の効率を向上させ、十分に220-901及び220-902試験に準備することができます。
弊社のCompTIA A+(220-901,220-902)激安コース参考書を利用して、出題の220-901と220-902試験内容を含まれて、専門的な知識を身につけることである。
もし、弊社のCompTIA A+(220-901,220-902)激安コース受験対策を使用してから、不合格の場合、弊社で購入したお金を返金します。
受験者の要望にこたえるために、一番良いCompTIA A+(220-901,220-902)激安コース問題集を提供してあげます。220-901と220-902認定試験に関連する多くの知識を勉強させることもできます。

CompTIA A+は、PCやモバイル機器、ノートPCといったハード面、オペレーティングシステムといったソフト面、またプリンターなどの周辺機器に関連した運用・管理、メンテナンスなどのスキルや知識を評価する認定資格です。CompTIA A+は、全てのITキャリアにおいて必要となる知識とスキルを育成します。
CompTIA A+は、ビジネス環境の中でも最も利用頻度の高いPC/モバイルといった「ポストPC」環境であるITのハードウェア/ソフトウェアを理解し、より複雑なIT環境をサポートする際に必要となるスキルと知識を評価する認定資格です。
CompTIA A+は、世界中のITプロフェッショナルのキャリアをより一層強固なスキルでサポートします。

CompTIA A+ 220-901(試験番号:220-901)出題範囲:

第1章 ハードウェア 34%
第2章 ネットワーク 21%
第3章 モバイルデバイス 17%
第4章 ハードウェアとネットワークトラブルシューティング  28%

CompTIA A+ 220-902(試験番号:220-902)出題範囲:

第1章 Windowsオペレーティングシステム 29%
第2章 その他のオペレーティングシステム 12%
第3章 セキュリティ 22%
第4章 ソフトウェアトラブルシューティング 24%
第5章 運用手順  13%

CompTIA A+試験情報:

日本語配信:済(2016年6月22日より日本語試験配信開始)
試験科目:2科目(220-901と220-902の2試験合格で認定)
試験番号:220-901 / 220-902
制限時間:90分
問題数:最大で90問(220-901/902両試験) 選択問題/シミュレーション問題
※本試験には、パフォーマンスベース問題(シミュレーション問題)が出題されます。
パフォーマンス問題の詳細については、こちらをご覧ください。
合格ライン:220-901: 100~900のスコア形式 675スコア以上
      220-902: 100~900のスコア形式 700スコア以上

弊社のCompTIA A+(220-901,220-902)激安コース試験対策はよくアップデートするので、貴方の持って問題集は最新版を保障されてます。
弊社のCompTIA A+(220-901,220-902)激安コース参考書は一年以内に無料でアップデート版を提供し、一回で合格することを保証いたします。
弊社のCompTIA A+(220-901,220-902)激安コース学習材料は30時間ぐらいの短期の育成訓練でらくらくに勉強しているうちに多くの知識を身につけられます。





LPIC-2(201-400J,202-400J)日本語の問題集の激安コース [LPI]

LPICレベル2は、Linuxによるシステム構築、ネットワーク構築を行ったりLinuxの応用的なシステム管理やサーバ構築ができるために必要な知識を幅広く問います。
・小規模から中規模までのサイトを管理する
・次のような小規模の混在 (MS、Linux) ネットワークの計画、実装、保守、一貫性の維持、セキュリティ設定、トラブルシューティングを行う
 - LANサーバ (Samba)
 - インターネットゲートウェイ (ファイアウォール、プロキシ、メール、ニュース)
 - インターネットサーバ (Webサーバ、FTPサーバ)
・アシスタントを監督する
・システム導入、案件の発注内容、予算等について管理職に助言やサポートをする
受験者のために特別に作成したTestpassportのLPIC-2(201-400J,202-400J)日本語の問題集の激安コースは97パーセントの合格率を保証することができます
弊社のLPIC-2(201-400J,202-400J)日本語の問題集の激安コースを使用すれば、試験をパスすることを希望したら、ある程度のテクニックといい理解能力が必要です。
本当の201-400Jと202-400J試験に出題される傾向のあるポイントにまで集中することができる正確性があるので、短期間で合格することができます。
弊社のLPIC-2(201-400J,202-400J)日本語の問題集の激安コースを使用すれば、気楽に試験に受かることもできます。

LPICレベル2 試験概要:

受験の前提条件:受験のための実務経験や前提資格保有条件はありませんが、前提資格保有条件として、「有意なLPICレベル1」を保有している必要があります。
受験費用:1試験あたり15,000円(消費税別)(日本語版)です。
試験実施方式:試験方式はコンピュータベーストテスト(CBT)です。
問題数:約60問
試験時間:90分
認定要件:有意なLPICレベル1の認定を持ち、且つ、201試験と202試験の両方に合格するとLPICレベル2に認定されます。受験する順番はどちらからでも構いません。

弊社のLPIC-2(201-400J,202-400J)日本語の問題集の激安コースは問題と解答は本物の試験の挑戦で、受験者を助けて試験に合格するということを証明しました。
試験の勉強は弊社のLPIC-2(201-400J,202-400J)日本語の問題集の激安コースを中心に勉強しましたが、自分なりに分析した結果、問題慣れしていないです。
受験者は試験を受ける前に弊社のLPIC-2(201-400J,202-400J)日本語の問題集の激安コースを使えば、きっとパスことができます。

201-400試験範囲:出題範囲詳細(Ver4.5):

主題200:キャパシティプランニング
200.1 リソースの使用率の測定とトラブルシューティング
200.2 将来のリソース需要を予測する

主題201:Linuxカーネル
201.1 カーネルの構成要素
201.2 Linuxカーネルのコンパイル
201.3 カーネル実行時における管理とトラブルシューティング

主題202:システムの起動
202.1 システムの起動をカスタマイズする
202.2 システムのリカバリ
202.3 その他のブートローダ

主題203:ファイルシステムとデバイス
203.1 Linuxファイルシステムを操作する
203.2 Linuxファイルシステムの保守
203.3 ファイルシステムを作成してオプションを構成する

主題204:高度なストレージ管理
204.1 RAIDを構成する
204.2 記憶装置へのアクセス方法を調整する
204.3 論理ボリュームマネージャ

主題205:ネットワーク構成
205.1 基本的なネットワーク構成
205.2 高度なネットワーク構成
205.3 ネットワークの問題を解決する

主題206:システムの保守
206.1 ソースからプログラムをmakeしてインストールする
206.2 バックアップ操作
206.3 システム関連の問題をユーザに通知する

202-400試験範囲:出題範囲詳細(Ver4.5):

主題207:ドメインネームサーバ
207.1 DNSサーバの基本的な設定
207.2 DNSゾーンの作成と保守
207.3 DNSサーバを保護する

主題208:HTTPサービス
208.1 Apacheの基本的な設定
208.2 HTTPS向けのApacheの設定
208.3 キャッシュプロキシとしてのSquidの実装
208.4 WebサーバおよびリバースプロキシとしてのNginxの実装

主題209:ファイル共有
209.1 Sambaサーバの設定
209.2 NFSサーバの設定

主題210:ネットワーククライアントの管理
210.1 DHCPの設定
210.2 PAM認証
210.3 LDAPクライアントの利用方法
210.4 OpenLDAPサーバの設定

主題211:電子メールサービス
211.1 電子メールサーバの使用
211.2 電子メール配信を管理する
211.3 メールボックスアクセスを管理する

主題212:システムのセキュリティ
212.1 ルータを構成する
212.2 FTPサーバの保護
212.3 セキュアシェル (SSH)
212.4 セキュリティ業務
212.5 OpenVPN

弊社のLPIC-2(201-400J,202-400J)日本語の問題集の激安コースを使用すると、最も短い時間に縮められて、受験者の費用とエネルギーを節約することができます。
弊社のLPIC-2(201-400J,202-400J)日本語の問題集の激安コースからの個性的なトレーニング解決策によって、仕事あるいはもっと良い仕事を確保できます。
弊社のLPIC-2(201-400J,202-400J)日本語の問題集の激安コースは無料の一年更新サービスも提供するに最も賢明な選択です。




Oracle Database 12c認定1Z0-068練習問題集を購入する場合、テストの準備の問題を解決します [Oracle]

Oracle Certified Expert, Oracle Database 12c: RAC and Grid Infrastructure Administrator 認定資格は、1~2 年の RAC および Grid Infrastructure の経験を持つ、データベースのシステム管理者およびデータベース管理者を対象とした資格です。
試験番号:1Z0-068
試験名称:Oracle Database 12c: RAC and Grid Infrastructure Administration
関連資格:Oracle Certified Expert, Oracle Database 12c: RAC and Grid Infrastructure Administrator
バージョン: Oracle Database 12c
試験料(税抜き): 26600 円
試験時間:150 分
このほか、試験受験時には受験契約の同意やアンケートのための時間(15~30分以内)が必要です。
出題数: 90問
合格ライン:試験全体で 60*% 3つの各セクションの合格ラインを上回る必要があります
出題形式:選択問題
1Z0-068認定試験は高可用性およびクラスタに関する知識が必要となります。
Oracle Database 12c認定1Z0-068試験を取得すると、RAC データベース、Clusterware および ASM 環境のインストールを管理、監視、チューニング、リカバリするスキルを持っていることが証明できます。
1Z0-068試験に合格するのを助けるために、正確かつ詳細なTestpassportの1Z0-068問題集を思い付くために専門的な経験を活用していきます。
1Z0-068試験の一般的な出題内容を示します:
「Oracle Database 12c: RAC の管理」セクション
「Oracle Database 12c: Grid Infrastructure の管理」セクション
「自動ストレージ管理(ASM)の管理」セクション
弊社のOracle Database 12c認定1Z0-068試験材料は広範囲な研究と経験に基づいて質問を提供することができます。
弊社のOracle Database 12c認定1Z0-068(Oracle Database 12c: RAC and Grid Infrastructure Administration)勉強資料を使って、試験に合格を保証いたします。
弊社のOracle Database 12c認定1Z0-068練習問題集を購入する場合、テストの準備の問題を解決します。
Testpassportは素早く君の1Z0-068試験に関する知識を補充できて、時間とエネルギーが節約させるウェブサイトです。
1Z0-068質問と回答を検討し、候補者の大多数の重大な利益を提供するためにコミットしています。
1.Which statement is true concerning the installation of an Oracle Grid Infrastructure 12c patchset and its
status during the installation?
A. Some grid infrastructure patchsets may not be installed in a rolling fashion.
B. They can be applied in-place.
C. When performing rolling patches, crsctl query crs softwareversion always displays the lowest version
of thesoftware running anywhere in the cluster
D. When performing rolling patches, the VIPs for the node being patched are relocated to another node.
Answer: C
2.Which two statements are true about ASM default templates?
A. Default data file templates are only created by ASM when a normal redundancy disk group is created.
B. Default template settings for redundancy depends on the disk group redundancy.
C. Default templates for a disk group can be modified.
D. Default template setting for striping depends on disk group redundancy.
E. Templates may be shared across disk groups.
Answer: A,B
Explanation:
Default template settings depend on the disk group type. The default template for data files for a normal
redundancy.
Reference: http://docs.oracle.com/cd/E11882_01/server.112/e18951/asmfiles.htm#OSTMG139
3.Which three types of patches and upgrades are supported for Oracle Grid Infrastructure 12c?
A. in-place upgrades using the Oracle Universal Installer
B. out-of-place patching for patch bundles
C. in-place patching for patch bundles
D. out-of-place upgrades using the Oracle Universal Installer
E. in-place patching for one-off patches
F. in-place patching for patch sets
Answer: A,B,E




EXINのクラウド・コンピューティング ファンデーション資格EX0-116問題集 [EXIN]

EXINのクラウド・コンピューティング ファンデーション資格は、明確かつ簡潔なクラウド・コンピューティングの基礎を提供しています。 この認定資格は、技術的な要素も多少ありますが、その特性、 メリット・デメリット、およびクラウドコンピューティングの一般的なマネジメントに特化しています。
EX0-116試験の対応資格はEXINのクラウド・コンピューティング ファンデーションです。
Testpassportは、EXIN Cloud EX0-116認定試験に参加する候補者の多くにサービスを提供するのに便利なサイトです。
受験者を助けるために迅速かつ便利なEXIN Cloud EX0-116問題集を見つけることができます。
弊社のEXIN Cloud EX0-116試験対策を使用すると、君の専門知識がとても強いを証明できます。

EXINのクラウド・コンピューティング ファンデーションのメリット:

基礎知識の習得
ベンダーに依存しない知識
クラウド・コンピューティング知識に対する独立したグローバル資格

ターゲットグループ:

クラウド・コンピューティング ファンデーションはITサービスをインターネット、イントラネットで利用し管理するどの役割の方にも有効です。特に次の役割の方に有効です。
管理職 (営業、IT 、調達、財務 など)
IT専門職 (アドミニストレータ、サービスマネージャ)
サービスプロバイダのスタッフ

クラウド・コンピューティング資格は、ITサービスマネジメントや情報セキュリティ等のEXIN資格プログラムと関連しています。 この認定資格は、産業界や商業団体との綿密な協力により作成されました。

「セキュア クラウド サービス統合資格」を取得するには、このクラウド・ファンデーション資格が必須となります。

EX0-116試験詳細:

試験番号:EX0-116
試験名称:EXIN Cloud Computing Foundation
質問数 40
合格に必要な正解率 65%(40問中26)
本の持込 no
電子機器の持込 no

EX0-116試験要件:

次の5つのカテゴリーが本試験の適用範囲です。
クラウドコンピューティングの原則: その定義、クラウドの種類 (パブリック、プライベート、およびハイブリッド)、クラウドサービス( IAAS 、 PAAS 、 SAAS
クラウドの利用: クラウドへのアクセス、クラウド上でのモビリティ
セキュリティおよびコンプライアンス: クラウド·コンピューティングのリスク、備えるべき対策
導入および運営: ローカルのクラウドネットワークについて、クラウドコンピューティング利用のサポート方法について
評価: コスト面、メリット・デメリット、SLAなどの例

今日の競争の激しいIT業界では、弊社のEXIN Cloud EX0-116勉強資料は常に自分自身をアップグレードする必要がありますので、しかし、試験に入学することは、賢明な選択です。
実践の検証にEXIN Cloud EX0-116試験合格すたもので、多くの受験生に証明された100パーセントの成功率を持っている資料です。
EXIN Cloud EX0-116受験体験記:

【試験コード】
EX0-116

【受験日】
2017/01/16

【合格点】
65%

【取得点】
76%

【受験回数】
1回目

学習期間】
1ヶ月

【参考にしたテキスト/Webサイト】
(本)図解 クラウド 仕事で使える基本の知識 (知りたい!テクノロジー)
testpassport問題集

【学習方法】
testpassportの使用教材を3順ほど繰り返し読みつつ、試験に合格しました

【試験の感想】
最初はちょっと不安もありましたが、実際の試験はびっくりするぐらい模擬にそっくりです。
無事合格することができました。本当にありがとうございました。




最も高効率なのCisco CCNA Wireless 200-355学習材料はきっと良いツールを利用することです [Cisco]

Cisco Certified Network Associate Wireless (CCNA[レジスタードトレードマーク] Wireless) 認定は、ワイヤレス LAN 技術者 (ネットワーキング アソシエイト / 管理者、ワイヤレス サポート スペシャリスト、WLAN プロジェクト マネージャなど) の役割はきわめて重要性が高いとの考えに基づいています。
TestpassportのCisco CCNA Wireless 200-355問題集は、仕事を探している人は、IT分野で、より良い雇用機会を取得し、成功のITキャリアのための道を開くことができます。
弊社のCisco CCNA Wireless 200-355試験資料を購入した場合は、常に新しく、より正確なテスト情報を取得することができます。
弊社のCisco CCNA Wireless 200-355参考書はIT認定試験の準備に使用することができるだけでなく、自分のスキルを向上させるためのツールとして使えることもできます。
弊社のCisco CCNA Wireless 200-355受験対策の品質は非常に良いです。

試験番号:200-355
試験名称:Implementing Cisco Wireless Network Fundamentals
関連資格:CCNA Wireless
試験時間:90 分 (60 - 70 問)
試験言語:日本語英語
試験登録:Pearson VUE
Cisco CCNA Wireless 200-355試験には、無線周波数 (RF) と 802.11 テクノロジーの概要、および中堅・中小企業やエンタープライズのワイヤレス ネットワークをサポートするために必要なインストール、設定、モニタ、基本的なトラブルシューティングの各タスクに関する知識が必要です。

TestpassportはCisco CCNA Wireless 200-355試験準備の非常に高い精度を提供することができます。
最も高効率なのCisco CCNA Wireless 200-355学習材料はきっと良いツールを利用することです。
弊社のCisco CCNA Wireless 200-355問題集を使用すると、試験に合格するのを助けるために最善を尽くします。

次に、Cisco CCNA Wireless 200-355試験の一般的な出題内容を示します。 ただし、Cisco CCNA Wireless 200-355試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。

1.0 RF の基礎  13%
2.0 802.11 テクノロジーの基礎  13%
3.0 ワイヤレス ネットワークの導入  16%  
4.0 ワイヤレス ネットワークの操作  20%
5.0 クライアント接続の設定  16%
6.0 クライアント接続のトラブルシューティングの実行  13%
7.0 サイト調査プロセス  9%

正確で詳細なCisco CCNA Wireless 200-355受験対策を提供します。
弊社のCisco CCNA Wireless 200-355問題集を選ばれば、全力に貴方達の合格を頑張ります。
Cisco CCNA Wireless 200-355受験体験記:

【試験コード】
200-355

【受験日】
2017/01/06

【取得点】
892点

【受験回数】
1回目

【学習期間】
1ヶ月

【参考にしたテキスト/Webサイト】
CCNA Wireless 200-355 Official Cert Guide
testpassport問題集

【学習方法】
まずtestpassportを一周して出題範囲や傾向をつかみ、CBT Nuggetsで全体像を理解し、あらためてテキストを読みながら実機を触って以前の経験を思い出したり新たに学んだりしました。
CBT Nuggetsでは何気ない解説の中に試験に役立つポイントが結構含まれているので、案外役に立ちます。

【試験の感想】
教材の試験である200-355に合格できました。
9割ぐらい出題されました。実に質の良い教材です。
ありがとうございました。




1Z0-803勉強資料を使用すれば、問題、答え及び解説を暗記しただけで、素人としても合格できます [Oracle]

世界に通用する OCA 資格が取得したいですか?
1Z0-803を受験しなればなりません。
試験番号:1Z0-803
試験名称:Java SE 7 Programmer I
関連資格:Oracle Certified Associate, Java SE 7 Programmer , Oracle Certified Java Programmer, Silver SE 7 - Available only in Japan (Oracle Certified Associate, Java SE 7 Programmer)
バージョン:Java SE
試験料(税抜き): 26600 円
試験時間:120 分
このほか、試験受験時には受験契約の同意やアンケートのための時間(15~30分以内)が必要です。
出題数: 70 問
合格ライン:63 % 合格ラインは変更されることがあります。
出題形式:選択問題
TestpassportのOracle Java and Middleware 1Z0-803問題集はITの専門家によって設計され、準備ができています。
弊社のOracle Java and Middleware 1Z0-803勉強資料を使用すれば、問題、答え及び解説を暗記しただけで、素人としても合格できます
1.Given the code fragment:
int [] [] array2D = {{0, 1, 2}, {3, 4, 5, 6}};
system.out.print (array2D[0].length+ "" );
system.out.print(array2D[1].getClass().isArray() + "");
system.out.println (array2D[0][1]);
What is the result?
A.3false1
B.2true3
C.2false3
D.3true1
E.3false3
F.2true1
G.2false1
Answer: D
Explanation: The length of the element with index 0, {0, 1, 2}, is 3.Output: 3
The element with index 1, {3, 4, 5, 6}, is of type array.Output: true
The element with index 0, {0, 1, 2} has the element with index 1: 1.Output: 1
2.View the exhibit:
public class Student {
public String name = "";
public int age = 0;
public String major = "Undeclared";
public boolean fulltime = true;
public void display() {
System.out.println("Name: " + name + " Major: " + major);
}
public boolean isFullTime() {
return fulltime;
}
}
Given:
Public class TestStudent {
Public static void main(String[] args) {
Student bob = new Student ();
Student jian = new Student();
bob.name = "Bob";
bob.age = 19;
jian = bob; jian.name = "Jian";
System.out.println("Bob's Name: " + bob.name);
}
}
What is the result when this program is executed?
A.Bob's Name: Bob
B.Bob's Name: Jian
C.Nothing prints
D.Bob’s name
Answer: B
Explanation: After the statement jian = bob; the jian will reference the same object as bob.
3.Given the code fragment:
String valid = "true";
if (valid) System.out.println (“valid”);
else system.out.println ("not valid");
What is the result?
A.Valid
B.not valid
C.Compilation fails
D.An IllegalArgumentException is thrown at run time
Answer: C
Explanation: In segment 'if (valid)' valid must be of type boolean, but it is a string.
This makes the compilation fail.

Testpassportは真実かつ正確なOracle Java and Middleware 1Z0-803試験材料です。
真実なOracle Java and Middleware 1Z0-803試験環境を構成されて、1Z0-803合格体験記を確認してください。
【試験コード】
1Z0-803

【受験日】
2016/07/08

【合格点】
63%

【取得点】
70%

【受験回数】
1回目

学習期間】
2週間

【参考にしたテキスト/Webサイト】
徹底攻略Java SE 7 Silver問題集[1Z0-803]対応
testpassport

【学習方法】
1、徹底攻略Java SE 7 Silver問題集[1Z0-803]対応を1周読み込む。
2、セクション毎にtestpassportを同時に解いていく。

【試験の感想】
実機での確認とtestpassportが9割以上正解できれば問題ないと思います。
やはり良い勉強法はtestpassportの1Z0-803過去問題集を解くことですよね。



IBM Certified Specialist C9020-560学習材料の使用する必要があります [IBM]

C9020-560認証試験は世界でどの国でも承認されて、すべての国が分け隔てをしないの試験です。
C9020-560試験の対応資格はIBM Certified Specialist - Midrange Storage Sales V3です。
IBM Certified Specialist - Midrange Storage Sales V3は、IBMミッドレンジ・ストレージ・ソリューションの特長、機能、利点、および競争力のあるソリューションに関する知識を幅広く持っています。
TestpassportのIBM Certified Specialist C9020-560問題集は認定試験に合格できるための最良の選択で、認定試験に楽に受かる最高の保障です。
弊社のC9020-560試験資料を使用すると、試験に関するテスト問題と解答が分析して差し上げるうちに受験者のIBM Certified Specialist 専門知識を固めています。
完全な専門的な知識が含まれるのは弊社のIBM Certified Specialist C9020-560学習材料の使用する必要があります。

C9020-560試験概要:

試験番号:C9020-560
試験名称:IBM Midrange Storage Sales V3
問題数:63
試験時間:90
合格ライン:59%
試験言語:英語日本語

最新の品質が高いIBM Certified Specialist C9020-560学習資料は有名な問題集としては、的中率も高いテスト問題を提供し、試験合格率を向上させることが保障いたします。
真実のIBM Certified Specialist C9020-560試験環境と同じので、トレーニングを繰り返していけば本試験では必ず結果はC9020-560試験に合格することができます。

C9020-560試験内容 チェックリスト:

Gather Customer Requirements (32%)
Identify a customer's storage qualifications.
Identify a customer's expectations of a new solution.
Given a scenario, demonstrate a conceptual level understanding of existing systems environment.
Identify customers key applications, performance requirements, and pain points and information to propose a solution.
Given a scenario, determine financial justification for system acquisition.
Given a scenario, determine a customer's growth requirements, upgrade path, and product lifecycle.

Value Proposition (28%)
Given a scenario, identify how an IBM storage solution aligns with customer requirements.
Given a scenario, quantify the business value of IBM storage products' features and functions and align to business goals.
Compare IBM storage products to customer-installed storage devices and competitive offerings, and identify advantages.
Given a scenario, identify how IBM storage products solve client data management issues.
Identify the value proposition of IBM maintenance, IBM websites, IBM sales tools, and IBM processes.

Determine IBM Solutions / Create Comprehensive Solutions (32%)
Given a scenario, identify the processes and procedures to integrate new solutions into an existing systems environment.
Identify workload characteristics and discuss typical business solutions.
Given a scenario, identify a storage solution that includes multiple products and solves a customer issue.
Identify appropriate resources within IBM or through the business partner channel to develop and close business.
Identify the roles and responsibilities of the business partner or IBM salesperson to use TDA and SAPR to ensure solutions meet the customer's business requirements.

Hybrid Cloud and Analytics Concepts (8%)
Identify ways the IBM storage porfolio enables cloud offerings (hybrid, private, public).
Identify ways the IBM storage porfolio enables analytics.
Identify ways the IBM storage porfolio enables security.

弊社のIBM Certified Specialist C9020-560参考書を使用すると、あなたのキャリアを確保することができます。
IBM Certified Specialist C9020-560試験に合格するのを助ける、あなたは短時間で効率の高いレベルを達成することを可能にすることができるようになります。
IBM Certified Specialist C9020-560無料サンプルをダウンロードして購入前のご試用ください。

1.A customer wants to consolidate the storage infrastructure and currently has CIFS, NFS and FCP
attached storage devices.
Which single storage product aligns with the customer's needs?
A. IBM Storwize V5000
B. IBM Storwize V5000 Unified
C. IBM Storwize V7000
D. IBM Storwize V7000 Unified
Answer: D

2.A customer has a small IT staff and needs to optimize performance.
Which included function of the Storwize family is required for a customer to automatically manage storage
performance with no administration overhead?
A. IBM Easy Tier
B. IBM FlashCopy
C. IBM Spectrum Control
D. IBM Tivoli Storage Productivity Center
Answer: A

3.A customer is looking for a storage solution that offers functions like Metro and Global mirroring,
point-in-time copy, automated multi-tiering, iSCSI, FCP and direct SAS connectivity to the hosts.
Which product should the sales representative recommend?
A. IBM Storwize V7000
B. IBM Storwize V3700
C. IBM FlashSystem V840
D. IBM Storwize V7000 Unified
Answer: B

4.A customer is looking for a backup to disk solution for its Windows environment.
Which solution should you recommend?
A. IBM Tivoli Productivity Center
B. IBM Tivoli FlashCopy Manager
C. IBM Tivoli Storage Manager FastBack
D. IBM Tivoli Storage Manager HSM for Windows
Answer: C





Oracle Platform as a Service (PaaS) 1Z0-160問題集を使われて、ほとんど試験を通しました [Oracle]

Oracle Platform as a Service (PaaS) 1Z0-160試験合格は常に自分自身の知識を向上させる使用することができます。
下記はOracle Platform as a Service (PaaS) 1Z0-160試験概要です。
試験番号: 1Z0-160
試験名: Oracle Database Cloud Service
試験時間:120 分
このほか、試験受験時には受験契約の同意やアンケートのための時間(15~30分以内)が必要です。
出題数: 70 問
合格ライン:63%
合格ラインポリシー
追加情報:
本試験の対象バージョンは、Oracle Database as a Service Cloud v 12.1.0.3 です。
ベータ試験(1Z1-160)の配信は、2016年3月27日を持ちまして終了しました。
ベータ試験の合否結果は、配信が終了してから約11週間後に、オラクル認定システム(CertView)上で確認できます。
合否結果が CertView に反映されましたら、別途、ピアソンVUE社の登録Eメールアドレス宛へ通知させていただきます。
ベータ試験に関する、よくあるお問合せ(試験の合否結果を含む)については、FAQの検索キーワード欄に「ベータ試験」を入力してご確認ください。
正式な試験(1Z0-160)は、2016年6月16日にリリースされました。
不正行為に関するポリシー
再受験について
出題形式:選択問題
受験料(税抜き): 26600 円
対応資格:Oracle Database Cloud Administrator Certified Professional , ORACLE MASTER Cloud Oracle Database Cloud Service - Available only in Japan (Oracle Database Cloud Service Operations Certified Associate) , Oracle Database Cloud Service Operations Certified Associate , Oracle Database Cloud Administrator Certified Associate , ORACLE MASTER Silver Oracle Database Cloud Service Administrator - Available only in Japan (Oracle Database Cloud Administrator Certified Associate) , ORACLE MASTER Gold Oracle Database Cloud Service Administrator - Available only in Japan (Oracle Database Cloud Administrator Certified Professional)

TestpassportのOracle Platform as a Service (PaaS) 1Z0-160問題集は豊富な経験を持っているIT業種の専門家が長年の研究を通じて、作成したものです。
弊社のOracle Platform as a Service (PaaS) 1Z0-160問題集を使われて、ほとんど試験を通しました。弊社のOracle Platform as a Service (PaaS) 1Z0-160受験資料は試験質問、勉強ガイド、練習試験とオンラインテスト道具などを含みます。
他のお客様が弊社のOracle Platform as a Service (PaaS) 1Z0-160試験資料を使用してから、少し高いですが、試験代を考えたら安いと思います。

1Z0-160試験内容 チェックリスト:

DBaaSの開始
Oracle Cloud Serviceに対するトライアル・サブスクリプションを要求およびアクティブ化する方法を識別する
各種のOracle Database Cloud Service(スキーマとDBaaS)を区別する
DBaaSインスタンスとデータベース・インスタンスの違いを認識する
DBaaSインスタンスを作成する手順を識別する
DBaaSが提供する2つのサービス・レベルを識別する
DBaaSインスタンスを作成するタイミングで、Oracle Cloud Serviceのストレージ・ボリューム、その割当て場所を識別する
DBのどのバージョンを使用するか、およびクラウドに移行できないバージョンを判断する
Oracle Databaseのエディションとして正しいものを選択する: Standard Edition One、Standard Edition、Enterprise Edition、Express Edition、Personal Edition

DBaaSの管理: Database Cloud Serviceインスタンスの管理
「CLOUD マイ・サービス」のダッシュボードでナビゲートする
Database Cloudコンソールでナビゲートする
Oracle Database Cloudインスタンスのユーザー/権限の必要性を管理する
Oracle Database Cloudインスタンスのストレージ/ディスク要件を管理する
DBaaSインスタンスにパッチを適用する
ネットワーク・グループを設定する
oracleユーザーとOPCユーザーを区別する
セキュア・シェル(SSH)を使用してVMに対する接続を設定する
UNIX/Linuxユーザー用にSSHを設定する
VMのポートに対するアクセスを有効にする
デフォルトのバックアップ構成を使用する
バックアップをカスタマイズする
システム・ユーティリティbkup_apiを使用してオンデマンド・バックアップを作成する
Cloud Serviceのユーティリティ(dbaascliなど)を使用する
オンデマンド・バックアップを実行する
最新のバックアップからリカバリを実行する
Xserver/Xterminalの接続を設定しDBAツールを使用する
Oracle Database Cloud Serviceインスタンスを監視する
VMのリソース使用状況とOracle Databaseのステータスを表示する

DBaaSへの移行
オンプレミス・データベースをクラウドに移行する目的について説明する
オンプレミス・データベースと事前作成済みDBaaSデータベースにおける、サポートされているOracle Databaseのバージョンおよびリリースの移行互換性について説明する
移行方式について説明する
移行の方式を選択する
特定の構成を考慮する

DBaaSのセキュリティ
ネットワーク・レベルのセキュリティ
ユーザーの認証とロール
Oracle Compute Cloud Serviceを使用してネットワークの設定を行なう
セキュリティ・リストとインスタンスの役割について説明する
セキュリティ・リストとIPリストを作成する
セキュリティ・ルールを適用する
セキュア・シェル(SSH)の公開鍵/秘密鍵ペアを生成する
仮想マシン(VM)のポートに対するSSHトンネルを作成する
VMのポートに対するアクセスを有効にする
DBaaSインスタンスのカスタム・ホスト名またはドメイン名を定義する
SQL*Netを使用してDBaaSデータベースにリモートで接続する
クラウド・サービスに対する、およびDBaaSデータベースにおけるユーザー・アクセスを管理する
Oracle Representational State Transfer(REST)Data Services(ORDS)を管理する
Oracle Application Express(APEX)に対するアクセスを有効にする
Cloud Database Monitorへのアクセスを有効にする

パフォーマンスとスケーリング
スケーリングの問題を識別する
スケーリング操作を回避する方法を識別する
スケーリングを行なうタイミングを識別する
DBaaSインスタンスをスケーリングする方法を識別する

Oracle Platform as a Service (PaaS) 1Z0-160問題と答案だけでなく、合格と精確の説明も手に入ります。

1.You want all your colleagues to be able to access the compute node associated with an Oracle
Database Cloud – Database as a Service (DBaaS) instance. You want them to do so by using a custom
host name rather than an IP address regardless of the client machine (personal or provided by the
company) that they use for the access.
How would you enable this access?
A. Configure the Advanced Security Option (ASO).
B. Enable secure access to the DBaaS instance VM and database instance from remote hosts by using
SSH.
C. Contact the administrator of your company’s intranet DNS and request a custom DNS record for the
compute node’s public IP address.
D. Edit the machine’s/etc/hostsfile.
E. Resolve your domain name to the IP address of the DBaaS compute node by using the third-party
domain registration vendor console.
Answer: C
Explanation:
You can associate a custom host name or domain name to the public IP address of a compute node
associated with your Oracle Database Cloud Service environment.
To associate a custom host name to the public IP address of a compute node, contact the administrator of
your DNS (Domain Name Service) and request a custom DNS record for the compute node’s public IP
address. For example, if your domain is example.com and you wanted to use clouddb1 as the custom
host name for a compute node, you would request a DNS record that associates clouddb1.example.com
to your compute node's public IP address.
References:https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/database-dbaas-cloud/csdbi/define-custom-host-or-do
main-name.html

2.With Oracle Database Cloud Service as the subscription type, you must configure a database for
Backup and Recovery.
Which two options do you have to back up your database instance?
A. No backups required. You are responsible for configuring the database backups.
B. Backup to cloud storage and VM block storage. Ten days worth of backups are kept, with five most
recent days worth of backups available directly on VM block storage.
C. Backup to Oracle Cloud Service storage volumes that is equal to five times the value that was provided
in Usable Data Storage when the instance was created.
D. Backup to cloud storage and VM block storage. Fourteen days worth of backups arekept, with seven
most recent days worth of backups available directly on VM block storage.
Answer: A,C




前の10件 | -