So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

実際の1Z0-102試験問題のすべてが含まれて、それだけでも試験に受かることができます [Oracle]

試験番号:1Z0-102
試験名称:Oracle WebLogic Server 11g: System Administration I
関連資格:Oracle Certified Associate, Oracle WebLogic Server 11g System Administrator
試験時間:90 分
問題数:65
合格率:67%
フォーマット:複数の選択肢
試験登録:Pearson VUE
Oracle認定アソシエートであるOracle WebLogic Server 11gシステム管理者は、Oracle WebLogic Server 11gのインストールと設定、Java EEアプリケーションのOracle WebLogic Server 11gへのデプロイ、コンフィグレーションのコンフィグレーションなど、WebLogic Server 11gシステム管理者が実行する管理タスクについて熟知している必要があります。 Oracle WebLogic ServerのWebプロキシとしてのOracle HTTP Server WebLogic Server 11gシステム管理者として認定されたOCAは、アプリケーションのフェールオーバーとロード?バランシングをサポートするようにOracle WebLogic Serverクラスタを構成できる必要があります。
TestpassportのOracle 11g 1Z0-102問題集はIT専門家が認証試験について自分の知識と経験を利用して研究したものです。
合格率は100%を確認してから弊社のOracle 11g 1Z0-102勉強資料として販売します。
重要な社会でもっとも少ないお時間を使って、Oracle 11g 1Z0-102試験に合格するのは一番よいだと思います。
Testpassportは長年の研究をわたって、Oracle 11g 1Z0-102認証試験に関する品質が高く、範囲は広い教育資料が開発しました。

Oracle 11g 1Z0-102出題範囲:
Oracle Fusion Middlewareプラットフォームの概要
Oracle Fusion Middlewareコンポーネントの説明
WebLogic ServerとFusion Middlewareコンポーネントの関係について説明する

Java Enterprise Editionの用語とアーキテクチャの定義
Java Enterprise Editionの技術を説明する

Oracle WebLogic Server 11gのインストール
グラフィカルインストーラを使用してWebLogic Serverをインストールする
WebLogic Serverのサイレントインストール
ORACLE_HOME、MIDDLEWARE_HOMEおよびWEBLOGIC_HOMEの説明
オンラインヘルプとオフラインヘルプにアクセスする

単純なドメインの設定

WebLogic Serverドメインの要素を記述する
WebLogic Serverドメインの定義
管理サーバーと管理対象サーバーの比較
構成ウィザードを使用して単純なドメインを作成する
WebLogic Serverドメインディレクトリの構成と内容を記述する
スクリプトを使用したWebLogic Serverの起動と停止
テンプレートを使用したドメインの構成

ドメインテンプレートビルダを使用してドメインテンプレートを作成する
構成ウィザードでドメインを拡張する
WLSドメインテンプレートを持つ他の製品を記述する
Administration ConsoleおよびWLSTの使用

WebLogic Server管理コンソールにアクセスする
管理コンソールの各部の説明
ヘルプシステムの各部の説明
管理コンソールの設定にアクセスする
設定を変更する(ロックと編集、変更、表示、変更と再起動(オプション)、変更を有効にする)
WSLTスクリプトを実行する
一般的なWSLTコマンドの説明

管理対象サーバーの構成
管理コンソールを使用して管理対象サーバーを構成する
WebLogic Sc??ripting Tool(WLST)を使用して管理対象サーバをコンフィグレーションする
管理対象サーバを起動する
WLSTまたは管理コンソールを使用してサーバーをシャットダウンする
パックとアンパックでリモートマシン上の管理対象サーバを作成する
管理対象サーバー独立モードの定義

boot.propertiesファイルの作成と使用
ノードマネージャの設定
マシンを構成し、それにサーバーを割り当てる
ノードマネージャの機能を説明する
Javaベースのノードマネージャの設定、起動、停止

Oracle WLS環境でのログの表示と管理
管理コンソールでサーバログを設定する
サーバーログファイルのエントリを解釈する
管理コンソールでサーバの標準出力を設定する
管理コンソールからログにアクセスする
コンソールを使用してログフィルタを作成して適用する

展開の概念
Webアプリケーションの自動デプロイ
管理コンソールを使用してWebアプリケーションのデプロイメント、再デプロイメント(更新)、アンデプロイ(削除)
管理コンソールからWebアプリケーションデプロイメント記述子を編集する
管理コンソールを介して配備されたWebアプリケーションをテストする
WebLogicとWebサーバーの関係を記述する
weblogic.Deployerを使用してWebアプリケーションをデプロイ、再デプロイ、アンデプロイする
WLSTを使用したWebアプリケーションのデプロイ

Java EEアプリケーションのデプロイ
Java Webアプリケーションの構造と部分を記述する
Javaエンタープライズアプリケーションの構造と部分を記述する
WLS共有ライブラリを展開してアプリケーションに関連付ける

高度な導入
展開計画が何をしているかを記述する
weblogic.Deployerを使用してデプロイメントプランを作成する
管理コンソールからデプロイメントプランを作成する
アプリケーションとともにデプロイメントプランを使用する
プロダクションの再デプロイメントによるデプロイ(バージョン管理されたアプリケーション)
ステージングモードを定義する(ステージ、ノーダージ、外部ステージ)

JDBCの理解とデータソースの設定
JDBCデータソースを設定する
接続プールを構成する
データソースの使用方法を記述する
管理コンソールを介してサーバーのJNDIツリーを表示する
データソースを制御する(中断/再開)
管理コンソールからデータソースを監視する

Java Message Service(JMS)リソースの設定
JMSメッセージのスタイルを記述する
WebLogic ServerのJMSアーキテクチャ(JMSサーバ、JMSモジュール、JMS送り先、JMS接続ファクトリ)
管理コンソールを使用してJMSサーバを作成およびコンフィグレーションする
管理コンソールを使用して接続ファクトリを作成および設定する
管理コンソールからJMSモジュールを作成する
管理コンソールを使用してキューとトピックを作成および構成する
永続メッセージの設定しきい値とクォータの設定
JMSリソースとメッセージを監視する
クラスタリングの概要
WebLogic Serverクラスタの作成
基本と多層クラスタアーキテクチャの比較
クラスタ通信の説明(ハートビート、ピアツーピア)
クラスタの構成
管理コンソールを使用してクラスタを作成および構成する
管理コンソールを使用してサーバーをクラスタに追加する
OHSをクラスタ?プロキシ?サーバーとして構成する
プロキシプラグインがロードバランシングとフェイルオーバーを実行する方法を説明する
クラスタの管理
アプリケーションをクラスタにデプロイする
クラスタ内のセッション状態の複製を記述する
レプリケーショングループを構成する
インメモリセッションレプリケーションを構成する
Java Database Connectivity(JDBC)セッションレプリケーションの設定
ファイルセッションのレプリケーションを設定する
ステートフルセッションEJBのステートレプリケーションの説明
クラスタにサービスをデプロイする(DataSource、MultiDataSource)
セキュリティの概念と構成
WebLogic Serverセキュリティレルムを記述する
管理コンソールを使用してプロバイダデータを移行する
管理コンソールからユーザーとグループを作成する
管理者によるロールとポリシーの設定

弊社のOracle 11g 1Z0-102勉強資料を使用すると、実際の1Z0-102試験問題のすべてが含まれて、それだけでも試験に受かることができます。
弊社のOracle 11g 1Z0-102過去問は完全にリソースと試験の質問が装備され、1Z0-102試験内容が含まれています。









nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

200-105受験対策として、お客様に最高の参考書を提供するのを確保します [Cisco]

このようなネットワーク トランジションに対応できるようにするために、CCNA Routing and Switching 認定では基盤となるテクノロジーの知識を習得するだけでなく、次世代テクノロジーに必要なスキルセットに備えます。
CCNA Routing and Switching認定資格を取得したかったら、必要認定試験は200-105です。
TestpassportのCCNA Routing and Switching 認定200-105問題集が短期間に集中して参考書の専門的な参考資料を暗記することができます。
業界屈指のCCNA Routing and Switching 認定200-105受験対策として、お客様に最高の参考書を提供するのを確保します。
弊社のCCNA Routing and Switching 認定200-105受験対策は知識体系全般をカバーし、受験準備にそなえて、最強の味方になります。
もし初心者の場合は弊社のCCNA Routing and Switching 認定200-105問題集を使ってもいいです。
弊社のCCNA Routing and Switching 認定200-105試験資料を利用しての勉強のみでも取得は可能で、200-105問題と解答(Q@A)を使って、理解やすいです。
1. Topic 1, New Set Questions
Which protocol authenticates connected devices before allowing them to access the LAN?
A. 802.1d
B. 802.11
C. 802.1w
D. 802.1x
Answer: D
Explanation:
802.1X authentication involves three parties: a supplicant, an authenticator, and an authentication server.
The supplicant is a client device (such as a laptop) that wishes to attach to the LAN/WLAN. The term
'supplicant' is also used interchangeably to refer to the software running on the client that provides
credentials to the authenticator. The authenticator is a network device, such as an Ethernet switch or
wireless access point; and the authentication server is typically a host running software supporting the
RADIUS and EAP protocols.
The authenticator acts like a security guard to a protected network. The supplicant (i.e., client device) is
not allowed access through the authenticator to the protected side of the network until the supplicant’s
identity has been validated and authorized. An analogy to this is providing a valid visa at the airport's
arrival immigration before being allowed to enter the country. With 802.1X port-based authentication, the
supplicant provides credentials, such as user name/password or digital certificate, to the authenticator,
and the authenticator forwards the credentials to the authentication server for verification. If the
authentication server determines the credentials are valid, the supplicant (client device) is allowed to
access resources located on the protected side of the network.

2.What is a difference between TACACS+ and RADIUS in AAA?
A. Only TACACS+ allows for separate authentication.
B. Only RADIUS encrypts the entire access-request packet.
C. Only RADIUS uses TCP.
D. Only TACACS+ couples authentication and authorization.
Answer: A
Explanation:
Authentication and Authorization
RADIUS combines authentication and authorization. The access-accept packets sent by the RADIUS
server to the client contain authorization information. This makes it difficult to decouple authentication and
authorization.
TACACS+ uses the AAA architecture, which separates AAA. This allows separate authentication solutions
that can still use TACACS+ for authorization and accounting. For example, with TACACS+, it is possible
to use Kerberos authentication and TACACS+ authorization and accounting. After a NAS authenticates
on a Kerberos server, it requests authorization information from a TACACS+ server without having to
re-authenticate. The NAS informs the TACACS+ server that it has successfully authenticated on a
Kerberos server, and the server then provides authorization information.
During a session, if additional authorization checking is needed, the access server checks with a
TACACS+ server to determine if the user is granted permission to use a particular command. This
provides greater control over the commands that can be executed on the access server while decoupling
from the authentication mechanism.

CCNA Routing and Switching 認定200-105受験体験記には、下記のとおりです
【試験コード】
200-105

【受験日】
2016/12/28

【取得点】
855点

【受験回数】
1回目

学習期間】
2週間

【参考にしたテキスト/Webサイト】
testpassport問題集のみ

【学習方法】
200-105問題は常に80%以上できるようにしてから受験しました。

【試験の感想】
BGPやGREトンネルの問題が新範囲として試験に出てきました。GREトンネルはシナリオ問題でも出てくるので、設定手順と確認手順を覚えていった方が良いです。
 Cisco語の日本語のおかしさは安定ですので、深めた知識から問題文の問いの意味を推測し、最後はカンで決めました。
まったく手ごたえがなかったのですが、合格できました






70-697試験資料を提供し、試験に準備する時間が十分ではない受験生のために特別に開発されるものです [Microsoft]

70-697試験概要:
試験番号:70-697
試験名称:Configuring Windows Devices
配信開始: 2015 年 9 月 1 日
言語: 英語、日本語
対象者:IT プロフェッショナル
テクノロジ: Windows 10
対応資格: MCP、MCSA、スペシャリスト
受験料:21103円
Microsoft MCP 70-697試験の受験者は、プロフェッショナルとしての経験に加えて、次の技術知識をすでに身に付けていることが求められます。
Windows デスクトップの管理、保守、およびトラブルシューティングの経験
Windows のネットワーク テクノロジの基本的な経験と理解
Active Directory と Microsoft Intune の入門レベルの知識
TestpassportのMicrosoft MCP 70-697問題集を使って、経験や知識は初心者としても独学では取得できます。
弊社のMicrosoft MCP 70-697勉強資料を使用すれば、70-697問題と解答を暗記して、試験合格できるのを保障します。
1.You support Windows 10 Enterprise computers that are members of an Active Directory domain. Your
company policy defines the list of approved Windows Store apps that are allowed for download and
installation.
You have created a new AppLocker Packaged Apps policy to help enforce the company policy.
You need to test the new AppLocker Packaged Apps policy before you implement it for the entire
company.
What should you do?
A. From Group Policy, enforce the new AppLocker policy in Audit Only mode.
B. From Group Policy, run the Group Policy Results Wizard.
C. From Group Policy, run the Group Policy Modeling Wizard.
D. From PowerShell, run the Get-AppLockerPolicy -effective command to retrieve the AppLocker effective
policy.
Answer: A
Explanation:
You can test an AppLocker Packaged Apps policy by running it in audit mode.
After AppLocker rules are created within the rule collection, you can configure the enforcement setting to
Enforce rules or Audit only.
When AppLocker policy enforcement is set to Enforce rules, rules are enforced for the rule collection and
all events are audited. When AppLocker policy enforcement is set to Audit only, rules are only evaluated
but all events generated from that evaluation are written to the AppLocker log.
Incorrect Answers:
B: The Group Policy Results Wizard is used to determine which group policy settings are applied to a user
or computer object and the net results when multiple group policies are applied.
The Group Policy Results Wizard is not used to test an AppLocker Packaged Apps policy.
C: The Group Policy Modeling Wizard calculates the simulated net effect of group policies. Group Policy
Modeling can also simulate such things as security group membership, WMI filter evaluation, and the
effects of moving user or computer objects to a different Active Directory container. The Group Policy
Modeling Wizard is not used to test an AppLocker Packaged Apps policy.
D: The Get-AppLockerPolicy -Effective command returns the effective AppLocker policy on the local
computer. The effective policy is the merge of the local AppLocker policy and any applied domain policies
on the local computer. The Get-AppLockerPolicy -effective command is not used to test an AppLocker
Packaged Apps policy.
https://technet.microsoft.com/en-us/library/ee791796 (v=ws.10).aspx
2.You support Windows 10 Enterprise computers.
Your company has started testing Application Virtualization (App-V) applications on several laptops. You
discover that the App-V applications are available to users even when the laptops are offline.
You need to ensure that the App-V applications are available to users only when they are connected to
the company network.
What should you do?
A. Change user permissions to the App-V applications.
B. Disable the Disconnected operation mode.
C. Configure mandatory profiles for laptop users.
D. Reset the App-V client FileSystem cache.
Answer: B
Explanation:
Disconnected operation mode is enabled by default and allows App-V applications to be available to
users even when the laptops are offline. We need to disable Disconnected operation mode to prevent
offline access.
The disconnected operation mode settings --accessible by right-clicking the Application Virtualization
node, selecting Properties, and clicking the Connectivity tab--enables the Application Virtualization
Desktop Client or Client for Remote Desktop Services (formerly Terminal Services) to run applications
that are stored in the file system cache of the client when the client is unable to connect to the Application
Virtualization Management Server.
Incorrect Answers:
A: The ability to run an App-V application while the computer is offline is not determined by user
permissions.
C: Mandatory profiles prevent users from making changes to their user profile. They do not prevent offline
access to App-V applications.
D: When an App-V application is downloaded, it is stored in the App-V client FileSystem cache. Resetting
the App-V client FileSystem cache will clear the contents of the cache and prevent the users from running
the App-V application while their computers are offline. However, next time they connect to the network,
they will download the App-V application again and will be able to run it offline again.
https://technet.microsoft.com/en-gb/library/cc843712.aspx

Microsoft MCP 70-697試験では、強固な ID の作成、コンテンツの保護 (データ損失防止)、モバイル デバイス管理ポリシー、Hyper-V による仮想化、会社ポータルと Windows ストアによるアプリケーション管理について、受験者が基本的な知識とスキルを有していることを実証します。
Microsoft MCP 70-697試験はWindows 10 のセキュリティと、統合された Azure 機能に基づいて、受験者が評価されます。
Microsoft MCP 70-697出題範囲:
ID の管理 (10-15%)
デスクトップとデバイスの展開の計画 (10-15%)
Microsoft Intune デバイス管理ソリューションの計画と実装 (10-15%)
ネットワークの構成 (10-15%)
記憶域の構成 (10-15%)
データ アクセスと保護の管理 (10-15%)
リモート アクセスの管理 (10-15%)
アプリの管理 (10-15%)
更新と回復の管理 (10-15%)

弊社のMicrosoft MCP 70-697問題の理解によって、お客様は自分のスキルを向上させることもできます。
弊社のMicrosoft MCP 70-697練習問題はあなたが最も必要なもの、しかもあなたに最適な試験参考書を持っています。
最高品質のMicrosoft MCP 70-697試験資料を提供し、試験に準備する時間が十分ではない受験生のために特別に開発されるものです。
もし、Microsoft MCP 70-697試験に合格しないと、全額で返金いたします。
弊社のMicrosoft MCP 70-697参考書は一年以内に無料でアップデート版を提供し、一回で合格することを保証いたします。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

C9020-568練習問題は多くの受験生に検証されたもので、高い成功率を保証できます [IBM]

管理者はIBM Certified Specialist - Enterprise Storage Technical Support V5認定を取得するほうがいいと思います。
C9020-568試験概要:
試験コード:C9020-568
試験名称:IBM Enterprise Storage Technical Support V5
問題数:63
試験時間:90
対応資格:IBM Certified Specialist - Enterprise Storage Technical Support V5
試験言語:英語
合格率:62%
TestpassportはIBM Certified Specialist C9020-568試験に合格する必要があることを知って、試験を通してあなたを助けることができる、あなたのための高品質のIBM Certified Specialist C9020-568問題集を提供します。
弊社のIBM Certified Specialist C9020-568勉強材料はちょうどオーダーメイドあなたのためとして、高度にターゲットを絞っています。弊社のIBM Certified Specialist C9020-568参考書を使用すると、強力なIT専門家になります。

C9020-568出題内容:
Customer Environment, Requirements, and Plans (40%)
Product Information (30%)
Application of Resources and Tools (20%)
Hybrid Cloud and Analytics Concepts (10%)

弊社のIBM Certified Specialist C9020-568受験対策は正確性が高くて、カバー率も広いです。
弊社のIBM Certified Specialist C9020-568練習問題は多くの受験生に検証されたもので、高い成功率を保証できます。
弊社のIBM Certified Specialist C9020-568問題集を使えば、試験に合格するために豊富なITの知識と経験を習得することができます。
最新のIBM Certified Specialist C9020-568勉強資料が非常に近く、真の試験問題があります。

1.What is the amount of storage needed in an IBM SAN Volume Controller with IBM Spectrum Virtualize
software for a 250 TB DB2 database with max compression?
A. 50 TB
B. 71.4 TB
C. 83.3 TB
D. 100 TB
Answer: A
2.Which data type will have the best compression ratio with Real-time Compression?
A. Databases
B. File and print
C. JPEG images
D. Encrypted data
Answer: A
3.Which statement is true regarding a customer who has existing LTO-3 Tapes and Drives looking to
upgrade to LTO-6?
A. Retain the written tapes and a LTO-3 drive for later recovery; new media required with LTO-6.
B. None of the tape cartridges will be writable, however, the data can still be read by the LTO-6 drives.
C. Tapes written by LTO-3 drives will not be readable by LTO-6 drives; unused tapes can be formatted for
LTO-6.
D. Retain the written tape cartridges for later recovery; any unused media can be used for later writes with
a lower capacity than LTO-6 specific cartridges.
Answer: A
4.Which IBM backup product should you propose to a customer who wants to meet the disk-based
business continuity needs of the enterprise data center?
A. IBM Spectrum Accelerate
B. IBM Spectrum Archive
C. IBM Spectrum Control
D. IBM Spectrum Protect
Answer: D
5.Which IBM product should you propose to a customer with multiple PB of unstructured data that require
a single name space?
A. V840
B. IBM Spectrum Scale
C. DS8870
D. XIV Hyper Scale
Answer: B



1V0-642勉強資料を使えば、受験者は専門知識と技能が含まれることができます [VMware]

VCA6-NV認定1V0-642試験では、VMware NSX6.2環境を管理し、技術的な製品と、それらの要件を満たすソリューションでそれらを整列させるための技術要件を特定する自分のスキルに候補者や能力をテストします。

試験番号:1V0-642
試験名称:VMware Certified Associate 6 – Network Virtualization (VCA6-NV) v6.2 Exam
試験時間:75 分
問題数:50問
合格点:300
試験言語:英語及び日本語
試験登録:非試験監督 オンライン
関連資格:VMware VCA6-DTM
検証:VMware NSX
受験料:120ドル
試験形式:単一選択、複数選択
VMware VCA6-DTM認定1V0-642試験に合格するために約20時間のトレーニングを必要とする、Testpassportが最適です。
TestpassportはVMware VCA6-DTM認定1V0-642試験に合格できるための最良の選択で、認定試験に楽に受かる最高の保障です。
弊社のVMware VCA6-DTM認定1V0-642問題集は最高の専門技術の内容を持って、関連する知識の専門家と学者は研究する材料として利用することができます。
真実のVMware VCA6-DTM認定1V0-642試験と同じの出題内容で、受験者は気楽に試験に合格することができます。
VMware VCA6-DTM認定1V0-642試験に失敗すれば全額返金のポリシーについて、事前に調べたほうがいいです。
将来の重要なVMware VCA6-DTM認定1V0-642問題はどうやって一回で効果的に1V0-642認定試験に合格するかのことになります。

VMware VCA6-DTM認定1V0-642出題内容:
+ Section 1: Explain SDDC and Network Virtualization Concepts and Use Cases
+ Section 2: Differentiate VMware NSX Component and Services
+ Section 3: Differentiate NSX Security Benefits and Features
+ Section 4: Differentiate NSX Network Virtualization Use Cases

弊社のVMware VCA6-DTM認定1V0-642勉強資料を使えば、受験者は専門知識と技能が含まれることができます。
弊社のVMware VCA6-DTM認定1V0-642試験材料は試験によっては、関連分野も出題される内容を習得できます。
受験者はVMware VCA6-DTM認定1V0-642試験に参加したい候補者の世界に材料を提供するために専用されています。
弊社のVMware VCA6-DTM認定1V0-642学習教材を購入した後、一年間で無料更新サービスを提供することができます。
VMware VCA6-DTM認定1V0-642試験内容をご参考ください。

1.A security policy is a collection of security services of firewall rules, or both. Which security service is
applied to virtual machines to ensure data security?
A. Virtual machine
B. Guest Introspection
C. Network Introspection
D. SpoofGuard
Answer: B
2.Which NSX component enforces security rules between two virtual machines that are on the same
Layer 2 segment?
A. NSX Manager
B. Distributed Router
C. NSX distributed Firewall
D. NSX Controller
Answer: C
3.How do virtual networks that are natively isolated from each other provide support for overlapping IP
address in a multi-tenant environment?
A. By enabling isolation without using access control lists and firewall rules.
B. By enabling isolation with the help of Active Directory (AD).
C. By employing the spanning tree protocol.
D. By implementing load balancing.
Answer: A
4.An administrator has deployed Distributed Firewall to protect their infrastructure from security threats.
Due to extreme loads on the network the CPU is saturated and the memory becomes full.
In this scenario, which mode does the Distributed Firewall enter?
A. Secondary
B. Fail open
C. Proxy
D. Fail close
Answer: B






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

購入する前にあなたのVMware VCA6-DTM 1V0-605テストの質と適用性を保証します [VMware]

VMware VCA6-DTM 1V0-605試験では、あなたのスキルや能力は、デスクトップ仮想化のための技術要件を識別し、それらの要件を満たす技術的な製品とソリューションでそれらを整列させるテストします。
試験番号:1V0-605
試験名称:VMware Certified Associate 6 – Desktop and Mobility Fundamentals Exam
試験時間:75 分
問題数:50問
合格点:300
試験言語:英語及び日本語
試験登録:非試験監督 オンライン
関連資格VMware VCA6-DTM
検証:Horizon 6
受験料:120ドル
試験形式:単一選択、複数選択
Testpassportは真実かつ正確なVMware VCA6-DTM 1V0-605問題集です。
弊社のVMware VCA6-DTM 1V0-605勉強資料はあなたに問題と解答に含まれている大量なテストガイドを提供しています。
一回で試験に合格させるだけでなく、VMware VCA6-DTM 1V0-605認定試験に関連する多くの知識を勉強させることもできます。
弊社のVMware VCA6-DTM 1V0-605トレーニング資料は適用性が高いもので、本当にみなさんが良い成績を取ることを助けられるからです。
弊社のVMware VCA6-DTM 1V0-605学習教材を選んだら、受験者はもっと充分の時間で試験に準備できるように、一年間の無料更新サービスを提供します。
弊社のVMware VCA6-DTM 1V0-605参考書を使えば、20時間だけ育成課程を通して楽々に合格できます。

VMware VCA6-DTM 1V0-605試験は以下のセクションから構成されています。
+ Section 1: Describe Desktop Virtualization Concepts and Common Use Cases
+ Section 2: Identify and Differentiate VMware Desktop Virtualization Technologies
+ Section 3: Align VMware Desktop Virtualization Technologies to Common Use Cases

TestpassportのVMware VCA6-DTM 1V0-605問題集は97%以上の合格率を持っています。
弊社のVMware VCA6-DTM 1V0-605テキストには何か品質問題があることを見つければ、あるいは試験に合格しなかったのなら、無条件で全額返金することを約束します。
購入する前にあなたのVMware VCA6-DTM 1V0-605テストの質と適用性を保証します。
弊社のVMware VCA6-DTM 1V0-605受験対策を選択した場合は、知識を統合するために時間とエネルギーを大幅に節約することができます。
VMware VCA6-DTM 1V0-605試験内容を見たいでしょうか?

1.Which key element of VMware Horizon Desktop as a Service (DaaS) given as an IT administrator
access to an administrative portal from which they can manage the virtual desktop environment?
A.Security
B.Enterprise Integration
C.Tiered Role Separation
D.User Experience
Answer: C
2.The security manager is concerned that users are storing sensitive corporate data in public data sharing
services. The manager has these requirements:
 Users must be able to share data
 Data must be stored in the corporate data center
 Administrators should have granular policy-based control of Sharing
Which VMware product meets these requirements?
A.Virtual SAN
B.VMware Mirage
C.Horizon Workspace Portal
D.Horizon (with View)
Answer: B
3.A company is planning to use the Horizon 6 product suite to transform the end user computing
environment in the organization.
Which two statements represent capabilities of the Horizon 6 family of products can help the company
fully transform their environment? (Choose two.)
A.VMware Virtual SAN provides a centralized management console for administrators to manage end
user document workspaces.
B.VMware ThinApp is a remote desktop solution that will allow you to move all desktops to central
location.
C.VMware Mirage is a centralized desktop image management technology that supports layered image
management.
D.VMware Horizon (with View) virtualizes user operating systems, applications and user data.
Answer: C,D
Explanation:
http://www.vmware.com/in/products/horizon-mirage




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

C9550-512試験に参加したい候補者の世界に材料を提供するために専用されています [IBM]

試験番号:C9550-512
試験名称:IBM Business Process Manager v8.5.7 Application Development using Process Designer
試験時間:90 分
問題数:63問
合格率:70%
試験言語:英語及び日本語
試験登録:Pearson VUE
関連資格:IBM Certified BPM Application Developer - IBM BPM v8.5.7 using Process Designer
Testpassportは一番効果的な方法を探してあなたにIBM Certified BPM Application Developer C9550-512模擬問題に合格させます。
もし、IBM Certified BPM Application Developer C9550-512試験に合格したかったら、C9550-512問題と解答の命中率は98%になります。

1.The Business Action Language (BAL) Rule component provides a rule editor that allows authoring of
business rules using which technology?
A. XML or Java
B. General system services
C. Natural language technology
D. JavaScript and AJAX services
Answer: C
2.What is the purpose of an event based undercover agent (UCA) in IBM Business Process Manager?
A. It ensures that timed events are triggering on schedule.
B. It monitors the transfer of tracking events into the Performance Data Warehouse (PDW).
C. It synchronizes shared business objects across one or more Business Process Definitions (BPD’s).
D. It calls a service to handle a message event or a content event targeted for a Business Process
Definition (BPD).
Answer: D
3.Why would a developer use JavaScript in business process definitions?
A. It’s a way to declare variables to be used.
B. This is the only way to define business objects.
C. To create exposed process values for specific users.
D. To implement customized behavior in the process model.
Answer: A
4.When building an Ajax service, which statement is true regarding automatically synchronizing shared
business objects?
A. The settings are configurable.
B. The settings are always disabled.
C. The settings are set using a server script.
D. The settings are only available to administrators.
Answer: B
5.What happens when converting BPDs to processes?
A. Sub processes are not converted.
B. Heritage human services and coaches are converted.
C. Linked processes and heritage human services are not converted.
D. References to linked processes and heritage human services need to be recreated.
Answer: C

TestpassportのIBM Certified BPM Application Developer C9550-512問題集を購入するのを決めるとき、各方面であなたに保障を提供します。
受験者はIBM Certified BPM Application Developer C9550-512試験に参加したい候補者の世界に材料を提供するために専用されています。

IBM Certified BPM Application Developer C9550-512出題範囲:
Section 1: IBM Business Process Manager Development Methodology (5%)
Section 2: IBM Business Process Manager Architecture (17%)
Section 3: Process and Case Modeling (21%)
Section 4: User Interface Development (17%)
Section 5: Service Development (14%)
Section 6: Content Management (5%)
Section 7: Performance Tracking and Reporting (6%)
Section 8: Error Handling, Debugging and Troubleshooting (9%)
Section 9: Deployment, Governance and Toolkits (6%)

弊社のIBM Certified BPM Application Developer C9550-512問題集を購入することはあなたが簡単のC9550-512認定の優れた選択肢を提供し、非常に大きな改善を持っていることを得ることができます。
弊社のIBM Certified BPM Application Developer C9550-512学習資料は一年間で無料更新サービスを提供することができます。
不合格になる場合或いはIBM Certified BPM Application Developer C9550-512受験がどんな問題があれば、私たちは全額返金することを保証いたします。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

400-051練習問題集を使用すれば、あなたがより良い知識を身につけることに助けになれます [Cisco]

CCIE Collaboration 認定は、複雑なコラボレーション ソリューションの設計、実装、トラブルシューティングを行うコラボレーション設計者、ユニファイド コミュニケーション設計者、音声およびビデオ ネットワーク マネージャを対象としています。
CCIE Collaboration認定は、複雑なネットワークでのコラボレーション ソリューションの統合と相互運用、設定、トラブルシューティング、さらにはワークプレイス コラボレーション ソリューションの基盤としてのビデオ、モビリティ、プレゼンスの課題に関する知識とエクスペリエンスを確証するエキスパート レベルの認定です。
400-051試験を取得するには、CCIE Collaboration認定の要件をしっかりと理解する必要があります。
受験者はCCIE Collaboration認定400-051試験で心配すれば、Testpassportの400-051問題集を選んでください。
Testpassportは400-051試験に合格確実にするために、実際の400-051勉強資料を提供することができます。
弊社のCCIE Collaboration認定400-051試験資料を使用すれば、最高の結果を得ることができます。

Cisco CCIE Collaboration 筆記試験(400-051)バージョン 1.0 は 90 ~ 110 問で構成される 2 時間の試験です。
CCIE Collaboration認定400-051試験では、企業のコラボレーションおよび通信ネットワークの計画、設計、導入、運用、トラブルシューティングに必要なスキルがあることを認定します。

CCIE Collaboration認定400-051試験は参考書持ち込み不可であり、いかなる外部の参考資料の使用も認められません。 次に、この試験の一般的な出題内容を示します。 ただし、CCIE Collaboration認定400-051試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。 試験内容をより適切に反映させ、明確にするために、次のガイドラインは事前の通告なく変更されることがあります。
1.0 シスコ コラボレーション インフラストラクチャ  10%
2.0 テレフォニー規格とプロトコル  15%
3.0 Cisco Unified Communications Manager (CUCM)  25%
4.0 Cisco IOS UC のアプリケーションと機能  20%
5.0 シスコ コラボレーション ソリューションの QoS とセキュリティ  12%
6.0 Cisco Unity Connection  8%
7.0 Cisco Unified Contact Center Express  4%
8.0 Cisco Unified IM およびプレゼンス  6%

TestpassportはきっとあなたがCCIE Collaboration認定400-051問題集を取ることを助けられます。
受験者のために時間とお金を節約することようにCCIE Collaboration認定400-051試験内容にも身につけさせるサイトです。
弊社のCCIE Collaboration認定400-051受験資料を使用している場合、1年で無料アップデートを楽しむことができます。
最先端のCCIE Collaboration認定400-051試験問題のすべてのタイプをカバーし、提供するすべての正解です。
弊社のCCIE Collaboration認定400-051試験対策を使って、自分のレベルを高めるだけでなく、自信も高くなります。
最も正確なCCIE Collaboration認定400-051練習問題集を使用すれば、あなたがより良い知識を身につけることに助けになれます。
最新のCCIE Collaboration認定400-051練習問題集を提供し、400-051無料サンプルをダウンロードできます。

1. Topic 1, Cisco Collaboration Infrastructure
Company ABC is planning to migrate from MCS-hosted Cisco Unified Communications Manager
applications to Cisco UC on UCS B-Series servers.
Which statement about installation media support is true for this migration?
A. The install log can be written to a USB flash drive that is attached to the UCS server.
B. The answer file that is generated by the Answer File Generator (platformConfig.xml) can be read from
a USB flash drive to perform an unattended installation on the UCS server.
C. The Cisco Music on Hold USB audio sound card can be mapped to a virtual USB port on a VMware
virtual machine on the UCS server.
D. The answer file that is generated by the Answer File Generator (platformConfig.xml) can be read from
an FLP image that is mounted in a virtual floppy drive.
E. The Cisco Music on Hold USB audio sound card can be mapped to a virtual serial port on a VMware
virtual machine on the UCS server.
Answer: D
Explanation:
Using the AFG will allow you to get this license mac before even touching the server. It is provided after
filling in the main form of the AFG but it can also be found by looking at the last few lines of your
platformconfig.xml file.
Once you have the xml files, you will need to map those to the floppy drive of the VM (no usb support on
the VM OVA). There are many ways to do this. I simply use a freeware virtual floppy app that I drop the
platformconfig.xml file on and then copy the*.flp image out to the datastore. I’ll end up with a directory on
my datastore called AFG that has the host named *.flp images that I will use during install. It also serves
as archival of these files in the event the server needs to be re-imaged. This is important because the
license mac will change if every parameter is not entered exactly as it was prior. If the license mac
changes, you will have to go through the process of requesting new license files to be generated.
Reference: http://angryciscoguy.com/jello/cisco-answer-file-generator-to-the-rescue/

2.Which statement about the Cisco UC on UCS TRC and the third-party server specs-based virtualization
support model is true?
A. Both the UC on UCS TRC and the third-party servers spec-based support models have rule-based
approaches.
B. The UC on UCS TRC support model has a rule-based approach and the third-party servers
spec-based support model has a configuration-based approach.
C. The UC on UCS TRC support model requires a high level of virtualization experience while the
third-party server spec-based support model requires a low to medium level virtualization experience.
D. VMware vCenter is mandatory for the UC on UCS TRC support model but it is optional for the
third-party server spec-based support model.
E. VMware vCenter is optional for the UC on UCS TRC support model but it is mandatory for the
third-party server spec-based support model.
Answer: E



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

70-762トレーニング教材を使用すると、完全な試験準備を行うことができます [Microsoft]

手に職が就けられるような資格や仕事に役立つマイクロソフト資格などがおすすめです。
試験番号:70-762
試験名称:Developing SQL Databases
配信開始: 2016 年 8 月 26 日
言語: 英語
対象者:開発者
テクノロジ: SQL Server
対応資格: MCP、MCSA
受験料:21103円
Microsoft MCSA 70-762試験は、組織全体のデータベースの構築と実装に携わり、高レベルのデータ可用性を実現するデータベースのプロフェッショナルを対象としています。
最も早い時間でMicrosoft MCSA 70-762認定試験に合格したいなら、TestpassportのMicrosoft MCSA 70-762勉強資料を利用すればいいです。
TestpassportのMicrosoft MCSA 70-762問題集は試験の最新バージョンを提供することを要求することもできます。
真実なMicrosoft MCSA 70-762試験のテキストを提供することに力を尽くしています。
弊社のMicrosoft MCSA 70-762受験対策を使って、10~20時間の独学だけで、お客様の時間と精力を節約して、一発合格が可能です。
いつでもどこでも問題を学ぶことができるために、あなたはPDF版のMicrosoft MCSA 70-762参考書をダウンロードしてプリントアウトすることができます。

Microsoft MCSA 70-762(Developing SQL Databases)試験は、業務としては、データベース ファイル、データ型、およびテーブルの作成、インデックスの計画、作成、および最適化、データの整合性の確保、ビュー、ストアド プロシージャ、および関数の実装、トランザクションやロックの管理などが含まれます。
Microsoft MCSA 70-762試験は以下のセクションから構成されています。
データベース オブジェクトの設計と実装 (25 ~ 30%)
プログラミング オブジェクトの実装 (20 ~ 25%)
データベースの同時実行の管理 (25 ~ 30%)
データベース オブジェクトと SQL インフラストラクチャの最適化 (20 ~ 25%)

弊社のMicrosoft MCSA 70-762問題集は最新で最全面的な資料ですから、きっと試験に受かる勇気と自信を与えられます。
弊社のMicrosoft MCSA 70-762勉強資料の最新バージョンを私達の候補者を提供し続けます。
弊社のMicrosoft MCSA 70-762トレーニング教材を使用すると、完全な試験準備を行うことができます。
弊社のMicrosoft MCSA 70-762問題と解答は試験の全部内容を覆い、1回で試験に合格することを保証します。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

VMware VCA6-NV 1V0-642勉強資料を使用すると、一度簡単に成功することを保証できます [VMware]

試験番号:1V0-642
試験名称:VMware Certified Associate 6 – Network Virtualization (VCA6-NV) v6.2 Exam
所要時間:75分
関連認証:VCA6-NV
質問の数:50
試験製品:VMwareのNSX6.2
合格点:300
推奨トレーニング:VMwareのネットワーク
仮想化の基礎2016検証さに対して:VMwareのNSX
試験の価格:価格は$120 USD、もっと
試験の価格は4月1日2017年に変更詳細
試験言語:英語
利用可能な最初の予定:2016年9月4日
フォーマット:Singleと複数選択、非試験監督、オンライン
試験の詳細情報最終更新日:2016年9月13日
受験者はVMware VCA6-NV 1V0-642試験で心配すれば、TestpassportのVMware VCA6-NV 1V0-642問題集を選んでください。
最も高効率なTestpassportのVMware VCA6-NV 1V0-642参考書を使えば、きっと良いツールを利用することです。
弊社のVMware VCA6-NV 1V0-642試験対策と表示されたら、これはあなたが購入する必要があることを理解しています。
最新のVMware VCA6-NV 1V0-642学習資料を選びたいのなら、最高の選択です。
弊社のVMware VCA6-NV 1V0-642問題集は最も徹底的で、最も正確で、かつアップ·ツー·デートなものです。

1V0-642出題範囲:
+ Section 1: Explain SDDC and Network Virtualization Concepts and Use Cases
+ Section 2: Differentiate VMware NSX Component and Services
+ Section 3: Differentiate NSX Security Benefits and Features
+ Section 4: Differentiate NSX Network Virtualization Use Cases

弊社のVMware VCA6-NV 1V0-642勉強資料を使用すると、一度簡単に成功することを保証できます。
短時間の準備でも楽にVMware VCA6-NV 1V0-642試験に合格することができるようになります。
高いカバー率のVMware VCA6-NV 1V0-642問題集として、真実の試験と同じの出題内容で、受験者は気楽に試験に合格することができます。
最全面的な1V0-642問題と解答を提供するだけでまく、一年間の無料更新サービスも提供いたします。

1.A security policy is a collection of security services of firewall rules, or both. Which security service is
applied to virtual machines to ensure data security?
A. Virtual machine
B. Guest Introspection
C. Network Introspection
D. SpoofGuard
Answer: B
2.Which NSX component enforces security rules between two virtual machines that are on the same
Layer 2 segment?
A. NSX Manager
B. Distributed Router
C. NSX distributed Firewall
D. NSX Controller
Answer: C
3.How do virtual networks that are natively isolated from each other provide support for overlapping IP
address in a multi-tenant environment?
A. By enabling isolation without using access control lists and firewall rules.
B. By enabling isolation with the help of Active Directory (AD).
C. By employing the spanning tree protocol.
D. By implementing load balancing.
Answer: A
4.An administrator has deployed Distributed Firewall to protect their infrastructure from security threats.
Due to extreme loads on the network the CPU is saturated and the memory becomes full.
In this scenario, which mode does the Distributed Firewall enter?
A. Secondary
B. Fail open
C. Proxy
D. Fail close
Answer: B




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の10件 | -